by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大食い番組は好きですか?


「蕎麦屋でお酒を呑むのは粋だ」

なんてーことを申します。

なんでも江戸時代には蕎麦屋で1杯キュッとやってから
蕎麦をサラッと食べて家に帰るってーのが当たり前だったそうで
それを知ってからというもの私も

「蕎麦屋でお酒を呑む」

というのを、時々、やってみたくなっちまうんでーございます。

で、先日、会社から徒歩圏内の所にお手ごろな

「山形田」

という蕎麦屋があるというのを聞きつけまして
ちょっくら行って参りました。

で、このお店ですが、なんと、山形の味を知ってもらおうと
商工会議所青年部の有志がオープンしたそうなんですね。
店名の由来もちょっと変わってまして

「お前どこ?」(どこ出身?)

「俺、山形だー」

から来たというのだから驚きます。

♂「おーっ、旨そうだねー 蕎麦3種類もあるよ」

ド「ホントだ。板蕎麦、十割蕎麦、外一蕎麦。全部美味しそうだねー」

どれも、美味しそうで迷いましたが、今回は一番ポピュラーな「板蕎麦」
に決めて、その前にまずビールや日本酒をクイッと頂きました。

ド「う~ん、風流だねぇ~」

なんて生意気を言いながら呑むわけでございます。

と、何故、こんな口調なのかと申しますと、最近、

ドラマ「タイガー&ドラゴン」

タイガー&ドラゴン


のDVDを借りまして、ちょっとばかし、
落語に興味が沸いちまったわけなんでございます。

それに、この店に行ったのがかなり前のことなもんで
連れと何を話したかも曖昧。

ということで、今回は落語のお話をさせて頂きたいと思います。

さて、そのドラマ。
ご存じない方の為に簡単に内容を言っておきますと

天涯孤独で笑ったことがない虎児というヤクザ

がおりまして。その男のメインの仕事は

借金取り

ある日、いつものように、借金取りに行ったわけですが、
その相手というのが落語家だったもんで、ひょんなことから、その

落語家・林屋亭どん兵衛

の落語を聞くことになったんですね。
すると、驚いた。笑ったことのない虎児が笑っちまったわけです。
痛く感動した虎児は、慌てて楽屋を訪ね、いきなり入門しちまった。
ところが、まぁ、

話がド下手。

そりゃ、笑ったことがない男だったんですから当然ですわな。
全く才能がないと思われていたわけですが、ある時、
この男にある才能が芽生えたのであります。
それは自分の身の回りに起こったことを

古典落語に置き換え現代版

にして話すという才能。これが大うけでして
彼は一躍、人気落語家になってしまうのでした。

と、こんなドラマなんですが、このドラマの中で毎回、
古典落語が紹介されるもんで、落語に興味を持ったというわけです。

落語というの町民の文化ですから、生活に密着している噺が多いわけで
食べ物が使われることも多いんじゃないかと思い、
蕎麦の噺を探してみましたところ

「そば清」

というお話がありました。

虎児風に現代版にしてみると、まぁ、こんなお話です。

昔から

「大食い大会」

なんてーのがありますが、最近は
「女性の大食い」が大人気になっているようでございます。
一番、皆さんがご存知だと思われるのが

「ギャル曽根ちゃん」

ギャル曽根


彼女は細身だというのに、いくらでも食べてしまう。
あまりにも凄いので、彼女には誰も歯が立たない。
そんなもんで、いつしか彼女は大食いを生かして
タレントになってしまったわけですが
そんな彼女にある日、大変な仕事が舞い込んで来たのです。

それは、なんと

「24時間テレビで24時間蕎麦を食べ続ける」

という仕事だったんですねー。
無敵な彼女もこれには驚きまして、どうにか断ろうとしたのですが

「ギャラに目がくらんだ」

と言うのでしょうか?結局、仕事を受けてしまいました。

でも、自信がないギャル曽根ちゃん。
毎日、悩んで暮らしていたんですが、そんな時に彼女に

「人食い蛇」

の取材をする仕事が入りました。
そんな蛇が日本にいるはずが無いと思って行ったわけですが、
なんと、彼女は偶然にも目の前で
蛇が人を丸飲みしている姿を目撃するんですねー
蛇のお腹はパンパンで苦しそうにしているのですが
その蛇がある草を食べると、なんと、大きく膨れ上がったお腹が

一瞬にしてぺったんこ

になってしまったのです。

普通なら怖がって逃げる所ですが、ギャル曽根ちゃんは違った。
この草さえあれば24時間テレビを乗り切れると思い
あわてて草を大量に持ち帰えったわけです。

そして、本番当日。
ギャル曽根ちゃんは食べる食べる。
でも、やっぱり、18時間すぎた所で苦しくなりました。
苦しくて苦しくて、そこで、草を食べようと決心したのです。

パクリ!

すると、なんと言うことでしょう。
ギャル曽根ちゃんの姿が消えていたのです。
残っていたのは大量の蕎麦と

つけまつげ

だけでした。

おしまい。

とまぁ、こんなお話です。

要するに、その草は消化剤ではなく、
人間を消してしまう草だったわけですね。

「そば清」のお噺をどういう狙いで作ったかは解りませんが
この「ギャル曽根版」で考えると

「食事は感謝して楽しく頂くもの。

 金儲けの為に粗末にするもんじゃーない」


ってなことでしょうかね?

蕎麦は粋に楽しく頂きましょう・・・

line
京橋・山形田

山形の商工会議所が作ったお店?
「安くて美味しいお蕎麦が食べられるで賞!」

山形田1 山形田2 山形田3


山形田4 山形田5 山形田6


エッセイブログランキング ← タイガータイガーじれっタイガー♪

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー


お腹が空くとイライラしませんか?


「今日は早く仕事が終わりそう」

約束をしていた男の子から連絡が入った。

それなら、選択肢が色々あるので、何処へ行こうかと
ウキウキしながら考えていたのだけれど、運悪く、
滅多にないのに、私の方に問題?が発生した。
昼から待っている電話が来ず、定時が過ぎても帰れない・・・

「なら近くで待ってるよ」

彼はそう言ってくれていたが、私は焦ってイライラしていた。

「電話が来ない、電話が来ない・・・」

待ち切れずこちらから連絡をする。

「あー、結局、今日は結果出ないんで諦めましたー」

と軽~く言われて、余計にイライライライラ。

「そんじゃー帰ります!」

急いで会社を出て待ち合わせ場所に行くと
ちょっぴり彼もイライラしているように見えた。

♂「どうする?」

ド「どうしようか?」


場所が決まらずに、また、イライラする2人。

結局、すぐ近くにある老舗の洋食屋「煉瓦亭」に行くことにする。

♂「あー、腹減った」

ド「ごめんねー、実はさ・・・」

遅れたワケを話す。

♂「なんだそれ?張り倒したくなるなー」

ド「でしょ!?」

理由を話すと、私は少しスッキリ、彼も少しスッキリ。
天然レトロな素敵な店を前に到着し、更に気持ちはスッキリ。

メニューを見る。

「何にする?」

「どうしようか?」


あーだ、こーだと組み合わせを考えるのだが
どうも相手の言っている意味を取り違えてしまったらしく
話が噛み合わなくて、また、2人のイライラは復活。

「ポークカツレツとハンバーグステーキとオムライス下さい」

なんとか無事に決めて、料理が来るのを待つ。
だがしかし、今度は中々、料理が来ない。

♂「遅いなー」

ド「遅いね。混んでるのかな?」


待ち時間で2人のイライラ度はまた上昇。

店「お待たせしました」

運ばれてきたのは「オムライス」だった。

♂「先にライスが来るってのはなぁ・・・」

ド「そか・・・」

また、イライラ上昇。
が、間もなく全ての品が揃い食べ始める。

♂「うん、旨い。デミグラソース中々だよ」

ド「カツレツがサクサク~」

♂「オムライスは面白いね。珍しい」

ド「ホント、ご飯が包まれてるんじゃなくて混ざってるんだね」

段々とトークが弾み始め、イライラが小さくなってくる。

♂「あー腹いっぱい」

ド「うん。満足」


この時にはイライラは消え、ニコニコ顔になっていた。

きっと、人はお腹が空くと無意識に「イライラ」するのだ。
お腹が豊かになれば、気持ちも豊かになって、
優しくなれるのかも知れない。

よく、ドラマなんかにもある。
どちらかが怒っていて、文句を言っている時、

「お腹空かない?」

と冷静な方が言う。

「え?減ってるけど・・・」

怒っていたはずが、お腹がグーッとか鳴ってしまい、
一緒にラーメン屋に入って、仲直りをしているみたいな・・・

そんなものなのかも知れない。

もしも、イライラして誰かとケンカしそうになったったら

「お腹空かない?」

って言ってみるのも1つの仲直りの方法なのかも?
ただし、食事の後の喧嘩には効かないけれど・・・

line
銀座・煉瓦亭
普通のオムライスとはちょっと違う老舗の洋食屋さん
「時間がゆったりと流れる洋食屋さんで賞!」

煉瓦亭1 煉瓦亭2 煉瓦亭3


エッセイブログランキング ← 天然レトロが素敵な煉瓦亭です。にポチッとな!

幹事は得意ですか?


約10年続いていたとある仕事を終えることになり
その打ち上げをすることになった。

お客さんに当たる会社とは「喧嘩別れ」的になってしまったのだが
実はずっと辞めたかった仕事だったので、皆、

「清々した」

という気持ちだった。なので

「祝賀会」

である。

会場は何故か私が探すことになり、この歳になってまで
会社で幹事なんぞをせにゃあかんのなら、
そりゃーリッチに行きたいではないか?

「河豚はどうですかね?」

おじ様達はすぐに

「いいねー」

と言い、続けて、おじ様&私は

「ひれ酒が旨いんだよねー」

と同時に言っていた。私はおやじと同じか?

でも、他がそう言わなかったのは

「おやじじゃないから」

ではなく、なんと驚いたことに

「河豚を食べたことが無い」

かららしい。

ここ5年くらい?で安い河豚チェーン店がたくさん出来たというのに珍しい・・・

「へー、だったら、やっぱり、河豚にしましょうよ!」

と言うことで「玄品ふぐ」に行くことになった。
コースに単品を追加して、それなりに美味しく、それなりに満足。
話もそれなりに盛り上がり、それなりに楽しい会・・・

そんな

「それなり」な会

で印象に残った事はただ1つ。
最後のデザートに胡桃が入っていたのだが、その

胡桃を胡桃アレルギーの男の子が食べてしまった

ことだ・・・

「美味しかった~」

「この店にして正解だよ。ドロンジョちゃん」

なんて声が聞こえる。

でも、全てが「それなり」に感じていた私は

「本当に美味しかったのかな?気を遣ってるんじゃないの?」

そんなことを思って不安になる。

「もう1軒行こう!」

専務が言う。なのに、

「僕は帰ります」

「私も帰ります」

「胡桃で調子が悪いので・・・」


次々に帰り、専務に着いて行ったのは私ともう1人だけ。

そんな風に解散が早いのも幹事として不安になる材料だ。

『詰らなかったかな・・・』

酔った勢いで?2軒目でつぶやく。

「こういう風に解散が早かったりすると

 あまり楽しくなかったかな?店が良くなかったかな?

 とか考えちゃうんですよね・・・」


すると専務&1人は驚いて

「そんなこと気にするの?そんなこと無いよ」

と言う。

前に友達に言われたことがある。

幹事ってのはさ、マメに皆の意見とか聞いちゃう奴は

 本当は向いてないんだよ。


 ハッキリしない奴はバッサリと切らないと決まらないんだから。
 俺なんかすぐ切っちゃうから得意だよ。幹事。」

なるほど・・・

確かに一理ある。
どうせ、全員が全員、満足するようになんて出来ないのだ。
それなら「幹事」と言う面倒な役を引き受ける代わりに

「好きなようにさせて貰うよ」

と言ってしまえば良いのかも知れない。

だけど、私にはそれが出来ないのだよね・・・
出来るることなら、皆から

「それで良いよ」

と言う快い了承を貰ってから決めたいのだ。まぁ、それこそが

「安心したいという私の我侭」

かも知れんが・・・

そんなワケで幹事をすると落ち込んだりするのだが
私は幹事をするのが割りと好きなのだ。

何故か?

「必要とされている、尽くしている」

気になるからである。

なんか、正に

「だめんズM女」

的理由だよなぁ・・・と思う(笑)

line
銀座・玄品ふぐ
こんなに安く河豚が食べられる世になるとは・・・
「紙鍋が楽しい!で賞」

玄品ふぐ1 玄品ふぐ2 玄品ふぐ3


玄品ふぐ4 玄品ふぐ5 玄品ふぐ6


玄品ふぐ7 玄品ふぐ8


エッセイブログランキング ← ひれ酒万歳!にポチッとな!

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー


気遣いのバランスとれていますか?


ボジョレーヌーボー解禁の日。親友の誕生会を開催した。
飲み友、職場友、大学友・・・と色んな関係の人が10人集まった。

メンバーの中には大学時代の先輩が3人居た。
1人はバンドメンバー、1人は元彼、1人は天敵・・・

バンドメンバーはお気楽ご気楽で何も考えていないように見える人なのだが、実は

気遣いの人

である。

最初に「誕生会しないの?」と言い出したのも彼だったし
本来は仕事が忙しくて20時を周らないと飲みに来られないのに
約束をするとちゃんと時間に来てくれるし、
私が幹事だったので、終わった後に

「ありがとうね。お疲れ様!」

とすぐにメールをくれるような人。

ちなみに、この人、O型。

元彼は皆に迷惑かけないようにと心遣いをしているつもりが
見え見えな為に反って周りに

気遣われてしまう人

である。この日もそうだった。
当日になっても、彼から参加不参加の連絡はなかった。たぶん

「仕事は忙しいし、プライベートはゴタゴタしてるし
 行けるかも、行く気持ちになるのかも、解らないし、
 俺の出欠なんてどうでも良いだろう。

 俺は孤独で良いのさ

なんて思いつつ、心の奥底では皆が気にかけてくれるのを待っているタイプ。
「結局、来られないの?」「来いよ!」ってな風に皆から連絡が欲しかったはず。
だけど、皆はほおって置いた。すると、会が始まった後に

「これから参加しても良いかな?」

とメールが来るではないか。

「どーぞ。待ってます」

と返信して待つ。でも、いくらたっても来ない。
とうとう、天敵君が心配して連絡をすると、場所が解らなくて
銀座の町を彷徨っていると言うではないか。きっと

「皆が楽しんでいる所に迷ったなんて連絡したら悪いよな。
 もし、辿り着けなかったとしても、それならそれで・・・

 俺は孤独で良いさ

なんて思っていたのだろう。
でも、結果は孤独なんかじゃない。
心配をして天敵君がちゃんと迎えに行ったのだから。

で、更には来たと思ったら、来たばっかりなのに

「明日、プレゼンだから先に帰りたい」

と言い出す。引き止めると、結局、最後まで居て、今度は

「終電が無くなった」

とメールしてくる・・・ ホント、世話が焼ける人である。
だけど、とっても解りやすい。
だから、彼を気遣い、世話を焼くのは割と楽だ。

ちなみに、この人、B型。

最後に元彼を迎えに行った天敵君。この人は

アンバランスな人

である。

元彼を心配する心遣いの人かと思いきや、飲み会には時間通りに来た試しはないし
連絡もせず平気で遅刻をし、状況も考えず平気で先に帰る。そんな人だ。

何故、彼が私の天敵かと言うと

彼は私を女として嫌い、私は彼を男として嫌い

だからだ。

だけど、彼と私には大きな共通項がある。
それは、学生時代、周りに

「腫れ物に触るように扱われた」

ことだ。

たぶん、彼は「神経質」だったから、
私は「天然お嬢様」だったから、扱いにくくてそうされた。

そして、お互い、その状況を打破したかった為に

「無理をした」

ところも共通項。

無理にハイテンションなお喋りになり、無理に悪ぶってチャラチャラした。

そんなだから、彼は(たぶん私もだが)とてもアンバランスだ。
優しかったり、キツかったり、真面目だったり、不謹慎だったり・・・
だから、周りには彼の心が見えず、結局は今でも

「腫れ物のまま」

かも知れない。

そんな彼が、この日、私のことをこう言った。

こいつはさ、真面目なんだよ。

 こんな風にしてても根がすんごい真面目なの。


 だから、すぐ騙されて、酷い目にあってばかりなんだよ」

うっ・・・

「そっくりそのまま、あんたに返すわよ!」

と言いたい所だったが、根が真面目は一緒でも、
彼は騙されてはいないだろう。どっちかと言うと騙す方かも?
そこが彼と私が大きく違うところだわね・・・

でも、こう言われた時、悪い気がしなかったのだ。
悔しい反面、とても嬉しい気がした。

「なんだ解ってたんじゃん・・・」

みたいな感じだ。

「お前みたいな女は嫌い」

と言いつつ、ちゃんと私の性格は見抜いていた。
それが、何となく、嬉しかったのだと思う。

ちなみに、この人、A型。

皆、バラバラ・・・
だけど、きっと、このバラバラが合わさってバランスが取れているのだろう。

私を気遣ってくれる人、私を気遣っているつもりで気遣わせる人、
私を気遣いたくないのに、気遣ってしまっている人?

皆、大切な先輩たちである。彼氏にはしたくないけどね(笑)
って、あっちもそう思っているってか?失礼しました・・・

line

銀座・カフェ ラ・ボエム

すんごい広いぞG-ZONE
「グローバルダイニング大集合で賞」

ラボエム1 ラボエム2 ラボエム3


ラボエム4 ラボエム5 ラボエム6


エッセイブログランキング ← 親友よ。お誕生日おめでとう。にポチッとな!

カレーが好きですか?


ここの所、飲み過ぎが祟ったのか、調子が悪く、お酒に酷く弱い。
なので、暫くはお食事中心モード。

ということでインド料理「デリー」に行く。

千葉に旅行に行くと必ず立ち寄る「夢のカレー」という店があるのだが
そこに、ある本が何冊も置かれている。
まぁ、その店が紹介されているからなのだが、初めてその本を
手に取った時に「素晴らしい!」と思い、すぐに購入した。

「神様カレー」

という本である。

神様カレー


写真などは全く掲載されていないというのに、
その本を読むとたちまち、無性にその店に食べに行きたくなるのだ。

著者は「みずのじんすけ」という方。
「東京カレー番長」という4人組ユニット?の一人らしい。

「デリー」は、元々、有名な店ではあるが、
その中でも大々的にクローズアップされている。

ド「このラブリーコースって言うのが良くない?」

♂「うん。いいねー」

このセットは銀座店のみで出しているコースらしいのだが
スープ2種、前菜2種、スペアリブ、サラダ、タンドーリチキン、
ハーフカレー2種、デザート、チャイというコースを2人で6,300円で食べられる。

この量なら余裕で食べられると舐めていたのだが、
タンドリーチキンがなんとも巨大!
半分で良いくらいだったので、カレーを食べる時には満腹だったけれど、
スパイスたっぷりの深みのある味なので、美味しくて食べてしまう。

最後まで頂き、チャイが運ばれて来た時、お口直しとして、
カラフルな小粒のお菓子も一緒に置かれた。

♂「うわっ!ペルノ!」

ド「え?」

♂「このお菓子、完全にペルノの味がする」

ド「嘘だ~」

と言いつつ、口に入れると、本当にペルノ味ではないか!

ド「あははは、本当にペルノだー」

もちろん料理の美味しさには感動したのだが、
私達が一番大きな声を出したのはこの時だったかも知れない。

やっぱり、お食事メインでも

酒には反応してしまうらしい・・・

帰り道。

♂「いやー旨い!さすが、神様カレーだよな」

ド「ホント美味しかったね」

♂「何が一番だった?」

ド「うーん、スープの辛い方」

♂「スープ?へー」

ド「そっちは?何がよかった?」

♂「デザートのアイス」

おいおい・・・2人ともカレーじゃないのかよ・・・

♂「っていうか、ホントに全部美味しかったから、
  もちろんカレーも美味しかったんだけど
  カレーは次回は違う種類のを食べたいでしょ?
  だから、もう一度、同じものを食べたいとしたら
  アイスってことだよ」

はい、その通り。決して、カレーが美味しくなかったのではなく
全てが美味しかったからであり、カレーは色々な種類を食べてから
好きな物を見つけたいということだ。

さて、次は「神様カレー」を参考に何処に食べに行こうかな?

それにしても、

日本人ってどうしてこんなにカレーが好きなのでしょう?

インドカレー、欧風カレー、タイカレー、母親のカレー

どのカレーでも、オールマイティーにカレーが好きだよね。

line

銀座・デリー


「全てが深く深くスパイシー!で賞!?」

デリー1 デリー2 デリー3


デリー4 デリー5 デリー6


デリー7 デリー8 デリー9


デリー10 デリー11


エッセイブログランキング ← 神様カレーを参考に!にポチッとな!
BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。