by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デートの定義は何ですか?


オムライスが食べたくなった。
それも、ナイフで真ん中を割ると、トロトロの卵が流れてくるようなヤツを。

ということで老舗「たいめいけん」に行くことにした。

「たいめいけん」のオムライスは種類が多い。

オムライス、オムハヤシ、芝海老のオムライス、
牛肉のオムライス、タンポポオムライス・・・

♂「俺はオムハヤシにしようかなー」

ド「私は芝エビかなー、普通が良いかなー」

なんて言いつつ、メニューに書かれていた説明書きをよく見る。

ド「ちょっと待った!真ん中から開いて、

  ぷるぷるーってなるのはタンポポだけじゃない?」


♂「ホントだ!危ない、危ない。タンポポにしよう
  それと、サーロインステーキと

  50円のボルシチとコールスロー

ド「いいよ」

「たいめいけん」の2階席はちょっと高級な感じがするけれど
1階は非常にカジュアルで居酒屋使いもされている。

ド「あのワイン飲んでる人、普通のオムライスを食べてるね」

♂「どれどれ。ホントだ。あれはプルプルトロトロじゃない。やっぱり固そうだよ。

 きっと、間違って注文しちゃう人もいるだろうな

確かにいるかも知れない。

♂「あ~、それにしても旨い!」

ド「ははは。すんごい嬉しそうな顔になったね」

♂「今日一日、働いて良かった~って感じだよ」

ニコニコとリッチなものを頂いた結果のお会計は

タンポポオムライス 1,850円
サーロインステーキ 2,550円
コールスロー2個   100円
ボルシチ2個     100円
----------------------------
          4,400円

ド「これだけ満足したら4,400円でも良くない?

  だって、ファミレスでさえ、セット頼むと

  平気で1,500円近くになるじゃん?


  それを考えたら、この味でこの値段なら安いよー」

♂「そうだな。それに、この店なら

  デートっぽいしな!

「デートっぽい」なんて事を最近は余り考えなくなっていた。

銀座に勤め始めた頃、同僚にバブリーな女性がいた。
バリバリにバブリーな

二谷友理恵時代

二谷友里恵


に慶応大学で過ごし、旦那さんはもちろん

「三高」

で豊かな暮らしをしていた。

美味しいお店やブランドのことなど「オシャレ」とか「ブルジョア」とか
言われそうな物事を私に初めて教えてくれた女性だった。

ある日、その女性がこう言った。

♀「デートって言うのは、お食事をして、バーに行くとかでしょ?」

ド「あーそっか・・・ずっと、私は

  デートって言うと居酒屋だったから、

  それが、普通だと思ってました


♂「やだー、違うわよー(笑)」

その時は、彼女にそう言われて、ちょっと恥ずかしくなった。

「大人はそうなんだ、都会はそうなんだ」

なんて、思ったりして・・・

けれども、それから、1年が過ぎ、2年が過ぎ・・・
銀座に慣れ、どう考えても、誰が見ても

「大人」

であろう歳になっても、私をお食事に連れて行こうなんて人には、
殆ど会う事は無かった。今現在だってそれは変わらない。

じゃあ、私はデートをしたことが無いってことか?
いやっ、そんなことはない。

ただ単に彼女の「慶応女子大生生活」という環境の中では
日常のデートが「お食事」であり
私の「工学部実験まみれ生活」という環境の中では
日常のデートが「居酒屋」だった。それだけのことだ。

大体、「デート」という言葉は恋人同士には余り似合わない。
「今日はデートなの」とわざわざいうのは恋人未満の2人が会う時がしっくりくる。

恋人同士が逢うのは「日常」だからだろう。
恋人未満の2人会うのは非日常であり

「特別な時間」

なのだ。

故に「デートっぽい」と言うのは

「特別っぽい」

と言う意味も入るんじゃないだろうか?
いつも、居酒屋に行っている彼と私の生活からすると
「たいめいけん」での食事は非日常であり

「特別な時間」

だった。

でも、いつもお食事な慶応な女性にとって「特別な時間」は何なのか?
「高級なお食事」か?それは何だか詰らないと私は思ってしまう。

そんなバブリーな彼女と私は今は音信不通だ。
色々と教わった後、私は彼女に不本意に苛められ、
そして、すぐにまた、不本意な理由で苛めが終わった。
その事件以来、私は、もう、彼女と話しをしたくなくなってしまった。
(正直、結構、根に持っている)

だから、もしも、今、彼女に会って

「デートって言うのは、お食事をして、バーに行くとかでしょ?」

と言われたら

「いつも、リッチな食事に行ってるんですか?

 別に新鮮で美味しいものは居酒屋にもたくさんありますし

 リラックスして、素の自分が見せられますよ。

 それに、いつもお食事なんて、

 誕生日のデートが特別じゃなくなって詰らなくないんですか?」


って言ってやるのだ。

line

日本橋・たいめいけん

映画「タンポポ」でも有名です
「一度は食べたい老舗のぷるぷるとろとろオムライスで賞!?」

たいめいけん1 たいめいけん2 たいめいけん3


たいめいけん4 たいめいけん5 たいめいけん6


たいめいけん7 たいめいけん8 たいめいけん9


エッセイブログランキング ← ぷるぷるとろとろ!にポチッとな!
スポンサーサイト
なるほど。特別ではありますね。
でも、きっと、誕生日に連れて行ったら海外じゃない限り
怒るかも知れないですね・・・

確かにチェーンじゃない店を知っている方が
良いって方向に向かっているかも知れないですね。
それこそ、知らない人にとっては「ワンダーランド」ですし。
良い展開だと思いますよー
【2006/11/15 Wed】 URL // doronjo #- [ 編集 ]
こんばんは。
こういう”バブリー”な方は、逆に「普通の居酒屋」が”特別”なデートになったりするかもですね。
私が初めて野毛を知ったのは昭和62年頃ですが、その頃は「大衆居酒屋ブーム」なんて微塵もなくて、若い人はひたすらチェーン居酒屋へ繰り出していた。
むしろ”野毛で呑むこと”は所得レベルの低い労働者と見られがちでした。
でも、今は違うようですよね~
時代が変わったこともあるとおもいますが、見方が変われば価値観も変わるってことでしょうかねー
個人的には嬉しい展開ですが。。。
【2006/11/15 Wed】 URL // AE86 #- [ 編集 ]
1票獲得!どうもです。
まぁ、それだけ払ってくれる男性がいるってことは、
男から見たら、すごく魅力がある女の子なのでしょうけどねー
まぁ、それも良いですけど、いつもいつもは詰らないっすよね。
いつか、結婚でもしたら大変なことになるし(笑)
【2006/11/14 Tue】 URL // doronjo #- [ 編集 ]
このドロンジョさんの台詞に一票!!
私もそう思います~。
私の友達でも(ってもう縁はないけどバブリーな奴が
いて、同じようなこと言ってました。
フレンチかイタリアンのお高いレストランで食事し、
高級ホテルにお泊りというのがお決まりのデートコース。
彼氏の負担額がそりゃすごい。
これを普通だと思って、私に食事行こうなんて言われてもね。
自然と疎遠になりましたよ。
【2006/11/14 Tue】 URL // kiyo #- [ 編集 ]

http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/86-30f5fe67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。