by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出の場所がありますか?


更に散歩を続け、今度は六角橋商店街に向かう。

この商店街の裏道り「仲見世通り」がなんとも好きでたまに行くのだ。
一番のお気に入りの食玩やレアなキャラクター商品が所狭しと並べられていている
「ひげのおじさん」というお店に立ち寄ってから暫く歩いて行くと

「ここに入らない?」

と連れが焼鳥屋さんの前で立ち止まった。
その店は10年以上前に来たことがあるお店なのだという。

「懐かしいなー、ここの焼鳥がすごく美味しいんだよ」

そう言って、彼は嬉しそうに焼鳥を食べる。

「もう1軒行って良い?」

近くの別の居酒屋に移動すると、残念ながら、板前さんは亡くなってしまったらしいのだが
雰囲気は昔のままで変わっていなかったらしい。

「変わってないなぁ。昔、とってもお世話になって、10年以上ぶりに来たんです」

お店の人にいうと

「そうなんですか、忘れずにいてくれてありがとうございます」

と優しい返答をしてくれていた。

人は懐かしい思い出の場所に行った時、ある独特な表情をする。
とても嬉しそうな顔をしているのだけど、どこか遠い目をしていて
その目にはほんの少しの

「淋しさのスパイス」

が入っている。

「おさなじみ」という曲の歌詞に

「おさななじみの思い出は 青いレモンの味がする」

おさななじみ 青いレモン


なんていうのがあるけれど、そんな風に「甘酸っぱい」感じがあるのだ。
若さ故に思うように出来なかった思い出と若さ故に勢いがあるから出来た思い出とが
相俟ってそんな顔になるのかも知れない。

「なんか俺ばっかり楽しんでる?つまらない?」

「そんなことないよ」


本当につまらないなんて事は全く無かった。
でも、確かに私は大人しくなっていたかも知れない。
彼の楽しそうな顔を見られる嬉しさと、そして、その当時の彼を知らない私にはその楽しさを共有できない淋しさが相俟って、
ちょっと私も甘酸っぱい顔をしていたのかも知れない。

line
■ 六角橋「焼鳥とりごや」 ■

焼鳥だけじゃなくちょっとした「おつまみ」も美味しい
「初めてでも懐かしい気持ちになれるお店で賞」


とりごや10 とりごや11とりごや12


とりごや1 とりごや2 とりごや3


とりごや4 とりごや5 とりごや6


とりごや7 とりごや8 とりごや9




■ 六角橋「大洋」 ■

女性2人が作る創作おつまみが楽しい
「おばあちゃん家に遊びに来てる気分になるで賞」


大洋1 大洋2 大洋3




エッセイブログランキング ← やっぱり商店街は良い!
スポンサーサイト

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー


http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/7-3c4a720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。