by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地元のことなら任せて!」と言えますか?


久しぶりに野毛のホッピー仙人に行こうと思い、
大学仲間のA君と店で会おうと待ち合わせをした。

がしかし、お休み・・・ 店の前には私と同じ状況に佇むお客さんが
何人かいて、その中に初めて来たというお客さんが居た。

で、成り行きで一緒に飲むことになった。

♂「30歳になってから、友達とつるんで飲むってのもカッコ悪いっていうか
  一人で飲んで、色んな人と話したいって思うようになって」

ド「そうなんだ。でも、私も1人で飲むようになったのってその頃だった」

♂「30歳って区切りなんですかね?」

ド「地元はどこなんですか?」

♂「小さい頃は野毛にいたんですけど、後は殆ど鶴見です」

A「鶴見は俺もちょっと住んでましたよ」

♂「そうなんですか!?」

そう言って、話は彼の地元話になって行った。

まずは「生麦」という町の話。
「生麦」は横浜市鶴見区にあり、鶴見は川崎の隣町。
正に「京浜工場地帯」にあるので、海辺の方は工場がたくさんある。

♂「小学校が生麦にあったんですけど、

  教室には当たり前に空気清浄機があったんですよ。

  僕はそれが当たり前だと思ってたので、大人になってから
  『小学校の空気清浄機っていつも調子悪かったよな』
  って友達に言ったら『え?何それ?』って言うんですよね。
  それで、それが普通じゃないってことに気が付いたんです」

ド「へー、その時代に小学校で空気清浄機って言うと
  ブルジョワなのかと勘違いしちゃったりしそう(笑)」

A「ははは、すごいな、それは」

♂「ホント、空気が汚かったんだなって」

そして、今度は「花月園前」の話。
「花月園前」も横浜市鶴見区にあり、競輪場の町である。

ド「この間、散歩して、花月園前の方に行ったのね。

  ギャンブルの町って飲み屋さんが多そうでしょ?

  だけど、余りに駅前が淋しくて驚いてしまった」

♂「あー、昔はたくさんあったんですよ。でも、今は全然で。
  だから、僕はよく場内に行きますよ。
  ギャンブルはしないんですけど、

  場内に煮込みライスってのを出す店があって、

  これがすごく旨いんですよ。大ぶりだし

  
ド「へー、入場料は?」

♂「100円です」

という具合に、この後も鶴見線の国道駅付近は「あおやぎ」が旨いとか
地元民ならではの話を色々と聞けた。

何を聞くにも地元の人に聞くのが一番の情報だったりする。
旅行に行って美味しい店を聞くのもガイドブックなんかよりも
地元のタクシーの運転手さんに聞くのが一番だったりする。

きっと、彼は20年以上も鶴見で暮らしている

鶴見スペシャリスト

なのだ。これもまた

継続は力なり

と言うのだろうか?

私は今の土地に暮らしてまだ5年。都内に住んだのは4年。
結局、一番長く暮らしたのは30歳まで暮らしていた実家である。

だけど、彼のように地元のことを知っているかというと、殆ど、知らないと思う・・・
少し実家に戻って、地元の勉強をしなおしたいような気になった。

でも、この後、彼は地元以外の話も色々とし始め

「『鉄子の旅』ってマンガを知ってますか?

   鉄道マニアの話なんですけど面白いんですよ!」


鉄子の旅


「ボクシング好きの奴らは亀田3兄弟のことを

 一亀、二亀、三亀って言うんですけども」


TioDanjo2


などと、色々と話題豊富でマニアックな話をしてくれるし、
A君が大好きなマイナーなパンク音楽の話をしても、
習っている武道の話をしても、ちゃんと何かしら共通の知識があって話に付いて来ていた。

どうやら、彼が地元に詳しいのは、20年住んでいたからというだけではなく
とても好奇心旺盛だからのようだ。

ド「さてどうする?帰る?」

A「今日は帰るわ」

ド「じゃあ、私も」

♂「僕はもう少し1人で飲んでいきます。
  突然にご一緒させて貰ってありがとうございました」

そう言って、彼は野毛の町に消えて行った。
きっと彼は「30歳からの一人飲み」で、
これからもっと色んな人に会い、
色んな話を仕入れて行くのだろうなと思う。

line
野毛・トモ

お母さんの創作料理。メニューが豊富で激安です
「大根モチと漬物が大好き!で賞」

トモ1 トモ2 トモ3


エッセイブログランキング ← 「鉄子の旅」に興味津々!にポチッとな!
スポンサーサイト
AE86さん
三軒茶屋も自由が丘も広いし、色々あるし、入れ替わりも多そうですね。
知り尽くした街がなくても、引越しが多いと、
それはそれで、色々な町を知れるというのもあって
良いのかも知れないですね。
【2006/09/18 Mon】 URL // doronjo #- [ 編集 ]
Atsuさん
あら、本人?みたいな(笑)

花月園前は優しくないんですかぁ・・・
小指が無いってことは、おとし前をつけて
足を洗っている人だったりするのでしょうかね?
【2006/09/18 Mon】 URL // doronjo #- [ 編集 ]
小さい頃は引っ越しの連続で故郷がない。。。
大人になって一番長く住んだのは三軒茶屋。その次は自由が丘。
でも、どちらも街が大きすぎて知り尽くせない(笑)
【2006/09/17 Sun】 URL // AE86 #- [ 編集 ]
まるで・・・
僕の分身の人のよーな話ですね。

なぜなら僕は生麦で乗り降りしていますし、あの辺りの居酒屋はそこそこ行ってるし、以前あった駅前のスーパーでバイトしていたんで、どの店がスーパーで足りない物を買っていくかというのもわかるし・・・。

そうそう、花月園前は競輪帰りの酒飲みにはやさしくない街ですね。まだ鶴見の方がやさしいとは思いますが、一つ間違えると893さんのいる店もあるので、気をつけねばなりません。以前親父と昼食の為に入った鉄板焼き屋さんの店員さんは、えらくドスの入った顔と声のオジサンで、何か小指が見えなかったよ~な気がするんです(;^_^;)
【2006/09/15 Fri】 URL // Atsu #mpMPsidA [ 編集 ]

http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/55-c40e6139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。