by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君ってS?M?」という会話で笑えますか?


私の「野毛デビュー」は小じんまりとした和食屋さんだった。
「和み」という言葉がしっくり来る内装で、とても、お気に入りのお店だった。
残念ながら、そのお店は閉じてしまい、残念に思っていのだけれど
そのお店の大将が、また、新しいお店を野毛で開いた。
そのお祝いを兼ね、大学時代の友人と行ってみることになった。

「お久しぶりです。なーんか、おしゃれーな店ですね」

新しいお店は私が思っている「野毛」のイメージとは全く違っていて
どちらかと言うと「みなとみらい」が似合いそうな、
ジャズが流れる、おしゃれ~な和食屋さんだった。

でも、割り物に使う焼酎は全て「金宮」で、となるともちろん
ホッピーもあるわけで、その辺りは、飲兵衛が多い「野毛」に
マッチしているのかも知れない。芋焼酎の種類も豊富だし・・・

ちなみにホッピーは氷なし。
だけど、瓶とビールジョッキで別々に出てくる。
焼酎がとても多いのだ。2杯分位はあるだろう。

フロアに居るのはとても初々しい女の子だった。

♂「いくつなの?」

従「18歳(だったと思う)です」

ド「どえーーーーーー。

  どうしよう倍以上生きてるよ(笑)

  なんかさ、世代が違うと笑いとか違うでしょ?
  例えば、私はとってもロンブーの笑いがダメなのよ。人を騙して笑うみたいな」

♂「俺も」

従「でも、嫌いな人も居るし、私もあんまりお笑いには
  興味ないですし、年代ってことでも無いと思いますよ」

ド「そっか。じゃあ、お笑いじゃなくって、何か趣味とか好きなことってある?」

従「うーん・・・本を読むのが好きです」

ド「特に好きな作家とかいる?」

従「そうですね・・・宮部みゆきはよく読みます」

♂「それは内容が好きなの?」

従「というよりも、書き方が好きなので、宮部みゆきの本は全部読みます」

♂「なるほどね。俺さ、とっても、

  川端康成の『雪国』(だったと思う)の日本語の表現力ってスゴイ

  なって思うんだよ。なんであんなにピッタリの言葉で表現が出来るんだろうって思う」

ド「読んだことある?」

従「ないです。読んでみたいです」

ド「私はその辺りで言うと、

  谷崎潤一郎の「痴人の愛」が面白かった。

  なんかね、SM的精神の話なのよ(笑)


従「えっ?SM??」

ド「そう(笑)なんかね、そういう感覚っていうのは昔からあったんだみたいな」

従「あー、今も昔も変わないんだみたいな?」

ド「そうそう」

従「じゃあ、それも読んでみます」

とそこまでは一応、文学の話だったのだが、そこに大将が・・・

大「♂さんはSですか?Mですか?」

♂「俺はSだよ。俺はもしそんなあーいう精神で殴られたりしたら
  容赦無く、ぶん殴ってっちゃうと思う。すごくイヤなんだよ」

おいおい・・・ぶん殴ってはいかんだろう・・・
と思いつつ、こいつは「健全」な人間なんだろうなと思う。と言うよりも、

余りに「健全」すぎて、変わっている・・・

ここで言っているSMというのは、本来の性的な意味ではなく、
自分が「支配する方が好き?」「支配される方が好き?」という話だ。
もちろん、彼もそのつもりで答えていたのだとは思うけれど、
性的な意味でのSMについては「大嫌いだ」という話を始めた。

大抵、人が「君はS?M?」って話をして笑っているのは
本人が本物の「S」でも「M」でも無いからであり、そして、
「そういう性質を人間は持っているものだ」ということは
どこかで感じているからなのじゃないかと思うのだ。
皆、多少は持っていて、でも、それが過剰にはならないだけ・・・
それが、多くの人間なんじゃないだろうか?

それを真っ向から「大嫌いだ」と本気で言えるというのは、
とっても、健全な考えではあるけれど、例えば「宗教の自由」とか
「報道の自由」とか、そういうものを許さないような

封建的なイメージ

というか、なんとなく

ルパン三世の五右衛門

五右衛門


みたいな感じに思ってしまうんだよなぁ・・・なんて・・・

ド「私はMだけど、ギリギリまでMをやって、相手に尽くしても

  やっぱ、こいつはダメだって思ったら最後、めちゃくちゃSに変わる・・・」


大「それ、一番、怖いじゃないですか・・・」

そうだろうか?そうかも知れない?

まぁ、そんな訳で文学から始まった話はSMで終了し、きっと、
18歳・読書好き女子には意味不明と言うか
「おっちゃん&おばちゃん」の会話となってしまっただろうなぁ・・・

次回はちゃんと「宮部みゆき的人気作家トーク」をしましょうかね・・・

line
野毛・一菜

お帰りなさい!の和食屋さん。今回は写真撮れずですが
「スモーク料理でホッピー&芋焼酎しま賞」

一菜1


エッセイブログランキング ← 私はMって思ってたけど・・・にポチッとな!
スポンサーサイト
なんか解る気がします。反応を楽しむというのがー
【2006/09/13 Wed】 URL // doronjo #- [ 編集 ]
おいらは。。。Sかな。
しょーもないギャグいって。
怒られたり、突っ込まれたりするから。。。
Mと思われてるけどね。
本当は、そのギャグに反応してるのを楽しんでるような。
ギャグは、いいっぱなしでも平気ですから。
へんてこなSです。
【2006/09/11 Mon】 URL // よすけ #w5/Y12yU [ 編集 ]

http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/53-f143b34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。