by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄のおでんを知ってますか?


旅行3日目は水牛車観光でスタート。

水牛車1 水牛車2 水牛車3


三線の演奏と共に観光が出来ると聞いていたので、
おじいちゃんとかが案内してくれるのかと思ったら若い女の子だったので驚く。

一番後ろに乗ってしまった為に、水牛に引かれている感覚は無く、
最初は失敗したかと思ったけれど、中々、ガイドさんの話は興味深く面白かった。

竹富島の人口は約300人。でも、その内、なんと半数が内地から移住した人なのだそうだ。
沖縄への移住はちょっとしたブームという感じだけれど、竹富島に住むには、
色々なしきたり?を覚え、従わなければならないのだそうで
例えば、10月頃に10日間行われる「種取祭」という祭りの踊りの練習やら
準備やらは島人全員でやらなくてはいけなくて、それを休むことは出来ないらしい。

ド「うわっ、それは私は住めない・・・」

♀「そう?私はそれでも住んでみたい」

そんな話をしながら、最後はお姉さんの三線の演奏と共に
竹富島の歌「安里屋ユンタ」を全員で歌って車を降りた。

その後、散歩をしながら「なごみの塔」という竹富で一番高いらしい小さな塔に登り

なごみの塔1 なごみの塔2


島で有名な八重山そばの店「竹乃子」で昼食をとり
(結構、好みの味だったけど、写真を忘れてしまいました・・・)

竹乃子1 竹乃子2


島を出る前にもう一目、綺麗な海を見たくて西桟橋へ行った。
すると、昨日は引潮だったけれど、今日は満ちていて
その海の綺麗なこと、綺麗なこと。余りの綺麗さに言葉を失ってしまった。

西桟橋1 西桟橋2 


「もう1泊したかったね」

「ほんとだね。残念!」

後ろ髪を引かれつつ、高速船に乗って石垣島に戻った。

高速船


さて、最後の夜は少しゴージャスな宿に泊まろうと決めていた。
大学時代に憧れていた「フサキリゾート」というコンドミアム風のホテルだ。
ちょっと、古くなっているので、どうかな?と心配しつつも
昔、憧れていた想い出の宿なので、行ってみることにしたのだけれど・・・

フサキリゾート


人気は下火なのか、お客さんが少なく、活気が無い気がした。
設備も古くなっているし、それにしては、ちょっと高過ぎるかなという感じ。

それでも、プライベートビーチへ行ってみると、
綺麗な海に変わりはなく、水の透明さに感激した。

フサキビーチ


暫く休憩をしてから、目指すは石垣島の居酒屋!待ったのよ、これを!
行く前に色々と下調べをした結果、選ばれたのは2軒。

まずは、沖縄おでんのお店「メンガテー」を目指す。
噂によると、ここのメニューはおでんとそばだけで
夜19時頃~3時頃までやっているというお店らしい。

店を探しつつ、ビックリしたことが1つ。
沖縄にあるわけが無いと思っていたホッピーの旗が!!

ホッピー


慌てて写真を撮り、また、探し始める。

「あった!」

店は小さな路地にひっそりとあった。
開店には少し早かったのだけど、ドアを開けてみたら入れてくれた。
まずはビールとおでんを御願いする。
運ばれて驚いたのは量。すごく大きなお皿にドカン!これで1人分。
そして、トロトロのテビチが入っている。

「美味しいね!」

なんて言っていたら、そこに、女性が入ってきて、
店のおばあちゃんにビデオを渡して帰って行った。
すぐに、おばあちゃんはテレビデオ(懐かしい)に入れる。

「これ娘の結婚式(笑)」

なるほど。私は最近、結婚なさったんですか?と聞こうとしたら

「10年前なんだけど」

という。話を聞いてみると、ビデオを届けに来た女性に貸したら
ビデオデッキが壊れ、そのまま外れなくなったか何かで、今になって戻って来たようだ。

「始めてみるのよ」

おいおい、随分、のんびりしている・・・ 10年も外れなかったのか?

ビールを飲み終わり、泡盛を注文しようとして、驚くことが起きてしまった。

「ボトルでいくらですか?」

私達は町で買って飲んで気に入った「請福」という泡盛を頼もうとした。
安い店を見つけて町で買った時の価格は570円だった。ところが

「高いよ。4,000円」

よ、よ、よ、よ、よんしぇんえーん?
それはボッタクリだろうよ。と思いつつ、旅に来てクレームつけるのもなんだし
おばあちゃんだし、価格は店主が決めるわけだし・・・

「請福より八重泉の方が人気あるよ」

と更に勧められたもので

「じゃあ八重泉で」

と御願いした。結局、永遠、娘さんの結婚式のビデオを見て
おでんを食べ終えて会計をしたら6,000円ちょっとだった。
おでん+八重泉+ビール1本でこのお値段は高いと思うけれど
結婚式のビデオで知ったこともたくさんあったし、
おばあちゃんと話せたのは良かったので満足した。

「地元民価格と旅行者価格があるって感じ?」

「そうかもね。きっと、夜遅くに来て、一緒に地元の人と飲むのが良いね」

ということで落ち着いた。

次に向かったのは「ヤシガニ」が食べられるという「金八」というお店。
「ヤシガニ」は絶滅しようとしているらしく、本来は捕らないようにと言われているらしい。
でも、出している店があるのだから、行ってしまう人もいるわけで
行ってしまう人がいるのだから、お店は儲ける為に出すわけで・・・
そんな私も完全に「捕ってはいけない」となる前にと食べてしまった。(ごめんなさい)

別に普通のカニの味がすると思っていた。なので、何気なく食べた。
で、すごく驚く。カニの肉は大して変わらない。だけど、味噌が・・・

「うわっ、何これ!?ココナッツ味だよ!」

「嘘、ホント?」

ホントにビックリしてしまった。完全にココナッツ味だ。
何故なのか?それは、好物がココナッツの実だから・・・

食べられたことに感動し、ホテルに戻る。
そして、また、昨夜のように、ホテルのビーチで星空をつまみに泡盛を飲んだ。

「もう、明日、帰るんだねー」

「早いよねー」

でも、旅は「もう少しここに居たい」と思う頃に帰るのが良いのかもしれないね。

line
■石垣島・メンガテー■

地元に愛されているお店なんだと思う
「石垣でおでんを食べるならココで賞」

メンガテー1 メンガテー2 メンガテー3


メンガテー4 メンガテー5 メンガテー6





■ 石垣島・金八 ■

八重山日航ホテルの目の前にあります
「石垣の珍味が食べられるで賞」

金八1 金八2 金八3


金八4 金八5 金八6


エッセイブログランキング ← まだ帰りたくない!にポチッとな!
スポンサーサイト

http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/48-138fafa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。