by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「判断基準」は何ですか?


ホッピー好きと銀座で待ち合わせてしまった。

何故、「しまった」なのかと言うと、銀座という土地には「高級老舗店」は多いが、
「大衆老舗店」は少なく「ホッピー」を飲ませる店が少ないからだ。

それでも、有楽町駅のガード下にホッピー地区はあるので行ってみることにした。
何軒も並んでいる店から選んで入ったお店は店員さんの愛想も店の雰囲気も良かった。

「何食べる?」

「うーん…」


中々、食べたいものがないらしい。

「高いよねー」

結局、彼は注文よりも先にそう言った。
確かに「ガード下の店」としては高いかも知れない。
でも、銀座と考えれば安い方だったと思う。

「食べて飲んだら出ない?」

結局、「かしら」だけ食べて、すぐに店を替えることにした。

2軒目は私が10年程前に行ったことがある焼鳥屋だった。
店には常連さんが多く、皆、コースで焼鳥を食べていた。
私たちはそのシステムに気付かず「お好み」で注文してしまったのだが
お店の人はちょっと戸惑いつつも、ダメとは言わずに出してくれた。

「うまっ!今年食べた焼鳥で一番うまいかも!」

「ホント?なら良かった」


確かにとっても美味しかった。
すぐにでも、また、来たいと思った。
けれども、私はふと疑問に思う。

「あのさ、豚と鳥だから何とも言えないんだけど、
 値段としては、さっきの店よりこっちの店の方がずっと高いでしょ?
 でも、あっちは食べる前から『高すぎる』って言ってて
 こっちは、それ以上の値段だけど、とっても満足なわけじゃん?その辺り、

 君の判断基準が今ひとつわからないんだよね

「あはは、その内、わかるよ~」

1軒目の店に対して

「銀座でこの値段なら安い!」

と思うお客さんも居れば

「ガード下の屋台みたいな店なのに高い!」

と思うお客さんも居るだろう。

きっと、彼は1軒目に対して、その雰囲気とホッピーの味から、
どの位の味の料理が出てくるのかを想像したのだと思う。
そして、その想像からすると、味と価格が見合わないと感じた。

それに対して、焼鳥屋の雰囲気は最初から彼にマッチしていた。
きっと、美味しいものを出してくれると思ったのだと思う。
そして、想像上の味に対して、表示されており金額は適正だと思ったし
食べてみたら、それ以上の味のものが出て来たということなのだと思う。

そう考えると、彼の言う通り

「いつかわかる」

のかも知れない。
彼の判断基準を知るには、彼とたくさん会って話して

彼の好みを知るしかない

のだから。

だから、グルメの口コミサイトを見ていても思うことがある。

味、雰囲気、接客態度、価格

といった項目それぞれに点数をつけて、更に総合点を表示してあったりするけれど
総合点を見ると、別にそれぞれの項目から出した平均点とは限らないのだ。
それは「味が第一」な人もいれば、「雰囲気が第一」の人もいるし
「美味しければお金は幾らでも出す」という人もいれば、
「安いということが何よりも勝る美徳」と言う人もいるし
それぞれの項目に対する思い入れは人それぞれだし
その店に対して「どの程度、期待して出かけたか」
ということや、それ以外にも関係してくることがたくさんあるわけだから
単純な計算では算出することが出来なくて当然なのだと思う。

結局、その人を知らないとその人の判断基準が判らないので
やはり、口コミも信じるものではなく、参考にすることしか出来ないのだろう。

「もう1軒行こう!」

ご機嫌になった彼をとある老舗のバーに案内する。
これまた10年振りくらいに行ってみたのだが、入った瞬間に私は驚いてしまった。
オーナーが世代交代したらしく、全く、店が変わってしまっていたのだ。
と言っても、内装が変わったとかそういうことではない。
雰囲気が全く変わってしまっていて、いつも繁盛していたはずの店内にお客さんはまばら。
注文したカクテルはとても乱暴に作られ、バシッとカウンターに置かれた。
お客さんに対する愛も、お酒に対する愛も全く感じられず、
今度はお互いが気分を害してすぐにお気に入りのバーへ移動してしまった。

店の好き嫌いを判断する基準は人それぞれ。彼と私も違う。
だけど、多くの人間が口を揃えて嫌う店もある・・・

line
■ 銀座・武ちゃん ■

お昼からベテランが1本1本串刺している焼鳥屋は
「味、雰囲気、接客、価格、全てに満足するで賞」

武ちゃん1 武ちゃん2 武ちゃん3


武ちゃん4 武ちゃん5 武ちゃん6


武ちゃん7 武ちゃん8 武ちゃん9


武ちゃん10 武ちゃん11





 ■ 銀座・クライスラー ■


ジュークボックスから好きな曲を選ぶのも楽しい
「昔懐かしい気分になるバーで賞」

クライスラー1 クライスラー2


クライスラー3 クライスラー4


エッセイブログランキング ← 焼鳥が美味しいぞ!
スポンサーサイト

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー

まぁ、マンションのローンがあったり、お子さんがいたりとすると、条件なんて色々とつけていられなくなるでしょうね。
安いの一番、更に美味しければラッキーって感じでしょうか?
まさに「ガード下が売り」だから安くなくて良いって感じだったかも知れません。
【2006/07/08 Sat】 URL // doronjo #- [ 編集 ]
判断基準は、仰るとおりだと思います。
まぁ、我が家は赤貧なので、「お値段重視」派となりますねー。立地条件なんて無視で(笑)

ちなみに、有楽町あたりのガード下の店は、「ガード下を売り物にした」結構高いお店が多いですよ。
【2006/07/07 Fri】 URL // AE86 #W3U4scQg [ 編集 ]

http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/18-465eb205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。