by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼い頃の大好物は何でしたか?


なんとなく安くて美味しい親子丼が食べたくなった。

それなりにお金を出せば、そして、行列さえすれば、
有名店の美味しいと言われる親子丼が食べられるはずだ。
(一度は玉ひでの親子丼が食べたいと思っているし・・・)

だけど、元々の材料を考えると、すんごい良い鶏をつかったりしなければ
かなり安く作れるんじゃないか?と思うわけで、それに、私としては、親子丼は鶏よりも

卵と出汁だ!

みたいな気持ちもあるもんで

で、安くて旨い!を見つけたくなったのだ。
かなり根を詰めてネット調査をし、目に留まったのは

大井町「日本橋」

だった、大井町にあるのに日本橋って名をつけてしまってる時点で、

な~んかレトロ

と思ってしまうのだが、それだけではなく、店の佇まいもかなりのレトロ。

お店を切り盛りしているのは親子かしら?という感じの2人の女性。

♂「親子丼と豚カツ定食ください」

というと、

娘「まだ親子丼出来る?」(材料の確認をしている様子)

母「・・・(無言で首を縦に振る)」


なんて話をしている。
そして、お母さんは手際よく料理をして、料理を差し出してくれる。

ド「おいしそーだねー」

♂「うん。おっ!豚カツもサクサク!」

ド「親子丼もおいすぅいーよー」


定食屋さんで美味しいものを食べられた時は
なんとなく、食べながら、歌い初めてしまう。
お行儀は悪いが、ご飯を頬張りながら、

ド「おいすぅいー、おいすぅいー、もぐもぐもぐ♪」

なんて体を揺らしてしまうのだ。

小さい頃を思い出す。
母はいつも、炊飯器ではなく、お釜で米を炊いていたのだが、そうすると
本当に良い具合におこげが出来る。
今や、体に良く無いなどと言われるけれど、あの頃の私はとにかくおこげが大好きで
おこげとは呼ばずに

「おせんべいごはん」

と呼んでいた。そして、おせんべいごはんを食べられた時には嬉しくて、
おせんべいご飯の歌を歌うのだ。

「おせんべごはん♪おせんべごはん♪

 むにゃ、むにゃ、むにゃ、むにゃ、むーにゃ、にゃーん♪」


って、わけのわからない歌を(笑)

ここの親子丼を食べた時の感覚は、それと似たようなものだった。

そんな、タイムスリップをしたような懐かしいお店。

♂「あー、安くて旨かったねー、腹いっぱい!」

ド「うん!安くて旨かったーーーー!」

♂「こら、女の子はおいしいでしょ!(笑)」


お説教も小さい頃に母から言われたようなお説教。
そんな、夜だった。

line
大井町・日本橋

500円でおつりがくるぞ!
「幼い頃を思い出せるお店!で賞」

日本橋 日本橋



エッセイブログランキング ← 次は何を食べようかなー!
スポンサーサイト

テーマ:三十路超え・独身女・ひとり暮らしの日常 - ジャンル:独身・フリー


http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/144-287962f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。