by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出身地は気になりますか?


1月1日。

ネットで「たぶん年中無休」という微妙な表現の店を見つけ
蒲田へ向かってみたのだが、そのお店はお休み・・・

ガッカリしつつ、ふと後を振り返ると

「あっ!おさやんがある!」

そこには川崎で良く行く店の支店があった。
いつの間にか支店が出来たらしい。

「良かったね!初ホッピー飲めるよ~」

そう言ってウキウキと店に入り、ホッピーを注文をする。

「初ホッピーにかんぱーい」

「おさやん」は川崎店を含め、中国人の店員さんが多い。
勝手な私の感覚で申し訳ないが、中国人の店員さんの接客は

「ニコっとテキパキ」



「ムスっとナゲヤリ」

の両極端に感じる。

で、「おさやん」はというと

「ここの中国の店員さんはテキパキしてて良いよねー」

と良い印象を持つ場合が多い。

でも、こうやって、ひとくくりに「中国人」と言うのは
ナンセンスなのかも知れない。

中国人が著者の「当代中国人気質早わかり」という本があるらしく
その紹介文には

中国人と上手くやるには出身地を聞け

書かれているのだ。

北京人は素朴で人情に厚いが面子にこだわる
上海人はケチで商売上手だがセンスが良い
広東人は拝金主義だが働き者
東北人は豪快な性格だが商売にうとく官僚主義的


という具合に地方ごとに気質は全く違い、そして
その地方ごとに仲間意識と結束がすごく強いというのだ。

でも、ちょっと待て!
それは中国人だけの傾向なのか?

こんなに狭い国に住む日本人だって

「関西人は」

とか

「九州人は」

なんて言葉をよく遣うのだし、あの広大な中国であれば、
当然の話ではないのだろうか?

仲間意識だってそうだ。飲み会などに行くと

「出身何処?」

「福岡」

「え?俺も福岡!福岡の何処?」

なんて盛り上がっている図をよく見かける。

別に中国に限った話ではなく、何処の国にもあることで
ただ、広い分、それが激しいってことなんじゃないだろうか?

でも、この「仲間意識」。
ずっと、横浜近辺に住んでいる私は持ったことが無い。
飲み会に行って、私に起こるシチュエーションは
どちらかと言うとこうだ。

「出身は何処?今、住んでるのは?」

「出身も住まいも横浜です」

「へー、こっちの人なんだー
 僕は北海道なんだけど、住まいは一緒で横浜!」

そして、こういう時は

「げっ・・・一緒に帰るのか?面倒くさい・・・」

などと思ってしまうのだ。(失礼)
私にとっては、出身なんてどうでも良く、今の住まいが気になるだけ。

テレビでもこんな場面を見かけた。
元サッカー選手の前園がとある番組で感動秘話?を語っていた。
全てが上手く行かず、悩み、やる気を失っていた時に
面識が全くないはずの長渕剛から直筆の書が送られてきたという。

何故、知らないのに送ってきたのか?それは

2人が同郷だったから・・・

司会者はそこで

「同郷ってなんか思い入れあるよなー」

なんてことを言う。
だけど、私はこの言葉を聞いた瞬間、やはり

「私にはわからない」

と呟いてしまっていた。

何故、そうなのか?それは私が引っ越すこともなく
首都圏にずっと住んでいるからだ。
もし、私が日本人が殆ど居ない海外に移り住んだらきっと、


「あなた日本人?」

「そう!」

「嬉しい~、久しぶりの日本語!」

なんて仲間意識が生まれて喜ぶだろう。
でも、その場合、どの地方出身かなんてどうでも良くて
日本人であれば良いのだ。

逆に日本人だらけの海外に住んでしまったら、日本人には感動せず、
東京なのか関西なのかの方が気になるだろう。

結局、比較対象の問題なのだ。
自分が何を基準にした

多数派なのか、少数派なのか

それだけのことなんじゃないだろうか?

日本に居れば、外国人は少数派。
外国に行けば、日本人が少数派。
首都圏に居れば、それ以外の人は少数派。

少数派は結束するもの

であり、そして、

多数派はそれに気付かない・・・

そう思うと、店員さんの良し悪しだって、国の問題じゃない。

少数派であることに

不満を持たず楽しめる人間か否か


の問題で、その人の性格とかやる気の問題だけなのかも知れない。

♂「ご馳走様!美味しかった。蒲田店も良いね!また来ます。」

店「ありがとうございまーす、また、お待ちしてまーす」

そんなこんなで、お正月は国際交流から始まった?

line
蒲田・おさやん

安くて旨いよ!復活した
「バジルチキンも美味しい!で賞!」

おさやん1 おさやん2 おさやん3


おさやん4 おさやん5 おさやん6


おさやん7 おさやん8


エッセイブログランキング ← 出来れば、ずっと、ココにいたいなぁ・・・にポチッとな!
スポンサーサイト

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー

うーん・・・皆が皆かはわかりませんが、私が行った時は多かったですよ。
【2007/02/27 Tue】 URL // doronjo #- [ 編集 ]
あ、1月末に行きました蒲田の「おさやん」
訳もわからず飛び込みで入ったのですが3F貸し切りでした (´∀`*
従業員の方、皆さん中国人なんですか?
【2007/02/26 Mon】 URL // ハルタロ #IYKiQGiY [ 編集 ]

http://doronjodiary.blog69.fc2.com/tb.php/118-31a34db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。