by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他国の人だと許せてしまうことってありませんか?


お互いがいったい何を食べたいのか解らないという日は多々あります。
この日もそんな状態でウロウロと歩いていたのですが、ふと思い出す私。

ド「そういえばさ、路地にある『豚様』って店あったじゃん?あそこって、

 カムジャタン専門店

 みたいだよ」

♂「え?そうなの?」

連れも私もカムジャタンが大好きだ。
ちなみに、カムジャタンとは、豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋で
上にはエゴマの葉がどっさりとのっているもの。
店によってはエゴマじゃなく、春菊って場合もあるけれど
そんな時はかなりがっくり来ます。

「エゴマが旨いんじゃんよ!!」

みたいな。

♂「じゃあ、行ってみようか?」

すんごい良いアイデアだ!っていう雰囲気ではなかったのだけど
お互いが好きな食べ物だし、しばらく、食べていなかったので、
まぁ、行ってみようってことになったわけです。

店の前に行くと

♂「カムジャタン専門なんて書いて無いじゃん。

  三段バラ専門店

  って書いてあるじゃん。」

やっと決まったってーのに、ちょっと不穏な雰囲気。

ド「あれ、ホントだ・・・ でも、ネットで見たんだけどなぁ・・・」

♂「まぁ、いいや。とにかく入ってみよう」

店に入り、メニューを見てみると、どうやらこのお店の売りは

「豚様コース」

というコースの様子で、その中には「カムジャタン」が入っているのですが
量が多すぎる感じがしたので、単品があるかを尋ねてみた。
で、あるにはあったけど、かなり割高になるように出来ているんです。

なので、結局、私たちも

♂「じゃあ、豚様コース下さい」

ってことになった。

で、その、豚様コースってのはどんなものかと言うと、
まずは小さな韓国惣菜が何品も出て来て、
その後が三段バラ焼き(キムチ、ニンニク付き)+辛いネギ、サニーレタス、エゴマの葉。
で、最後がカムジャタンとなるわけです。

長~い三段バラ

を焼いて食べるっていうのは、初体験。
大きな鉄板をコンロに乗せ、片側を少し高くしてナナメにする。
油が下にたまるようにするらしい。
で、バラ肉を焼いて行くわけですが、
ガンガンと油が落として、かなりカリカリになるまで焼くのです。

カリカリベーコンのように。

で、それに辛いネギをあわせ、レタスやエゴマで包んで食べる。

♂「うまい!」

ド「うん。美味しいね。結構、これだと食べられちゃうね」

ばら肉の調理はおかみさんがやってくれたのですが
このおかみさんのキャラが強い。
最初は無愛想な感じがしたんだけど、話してみると
肝が据わった母ちゃんって感じで良いキャラしてる。

で、お客さんから注文された料理を出し終えると、
すぐにカウンターの椅子に座って
韓国のテレビ番組をみながらタバコを吸ったりね。

ホント、いつもアジア系の店に来ると思うんだけど、
これを日本人がやっていたら、態度が悪いからもう来ないなんて思ったりするのに
なんで、韓国人とかタイ人とかだと許せてしまうんでしょうね?(笑)

きっと、その国では当たり前のことなのだろうと思ってしまい

「現地っぽくて良いかも~」

くらいに思ってしまうからなんでしょうねぇ・・・

こういう外国人には優しいというか、甘いというか、弱いというか、な所は
日本人の良い所でもあり、舐められやすい悪い所なんだろうなーなんて。

日本なんだから

日本のしきたりに合わせろ!

って言っても良いわけなのに、外国人なんだから、

日本のことが解らなくても仕方がないわ。自分のやり方で良いわよ。

って思っちゃうみたいな。

それは相撲界にも・・・ なんて話は

「やくみつる」と「内舘牧子」

に任せておいて(笑)話を戻しましょう。

三段バラで三段腹になりそうなところで、やっと、目当てのカムジャタンです。
そんなに大きいものではなく、ミニサイズだったのでちょうど良かったかも。
もう少し、エゴマが欲しいって感じがしたので、
三段バラのときに出てきたエゴマを残しておけば良かったって思いましたが、まぁ満足!

そうそう。カムジャタンを食べている時に、隣の女子3人組の1人が

「カムジャタンの写真撮り忘れたんだよね…」

と羨ましそうに?つぶやきつつこちらを見ていたので

♂「どうぞ~、撮って良いですよ」

と言って撮らせてあげちゃいました。
食べ物ブログ人口って多いですね(笑)

ってことで、この日はカムジャタンを食べに行ったつもりでしたが
印象に残ったのはおかみさんのキャラと三段バラ焼きの方でした。

line
川崎・豚様

看板の猫が大迫力!
「二度付け禁止&うまだれで行きま賞」










お酒ブログランキング ←鍋の季節だぜ!にポチッとな!

スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ネーミングにそそられたりしませんか?


ホッピー好きには

「もつ好き」

が多い。で、結構、

「串揚げ好き」

も多い。しかも、大阪スタイルの串揚げ=串カツね。

ので、私はしょっちゅう

「もつ」「ガツ刺」「レバ刺」

「串揚げ」「二度付け禁止」


なんて言葉を使ってやたらとネット検索をしてきました。

で、前にそんな検索でひっかかった雑色の串揚げ屋さんがあるのですが
私同様、同じような検索をして、同じ店に興味を持った男友達が1人。
で、一緒に行ってみることになった。

駅を降りて、商店街に入るとすぐに
猫の絵が描かれた巨大な手書き看板に遭遇する。

ド「ここじゃない?」

♂「そうだそうだ!」

店に入り、メニューを見ると

ド「あっ、スパークリングワインまであるよ」

このブログを読んで下さっている方がおすすめだとおっしゃっていた、テレビでも

「ドンペリピンクを超える!」

なんて言われたらしいスパークリングワインだ。
大阪スタイルの串揚げなのに、そんなお酒まで置いてあるってことは、
アンテナを張ってるって証拠なのかも知れない。

と言いつつ、スパークリングワインは飲まずに
私は連れはホッピーで私はビールだったんだけど(笑)

もう1つここの特徴。

ド「ここはキャベツ出てこないんだね」

♂「そうだね」

ド「キャベツを別で注文しても良い?」

♂「いいよー」

ってことで、キャベツを有料で注文したわけですが
これはソースに付けて食べるってのじゃなくて

「うまだれ」

っちゅーのがかけられているものだった。
「うまだれ」って言うとなんか本当に美味しそう♪
食べてみると、ちょっと「ポン酢」っぽい感じで
串揚げを食べつつ食べると、

お口すっきり

って感じで、なかなか美味しい。

2人で8本食べた所で、常連さんらしき人々が
ぞくぞくと?入ってきたので店を出ることに。

さて、雑色と言えばココって言うくらい飲兵衛には有名なお店がある(らしい)。
その名は「三平」。
なんでも午後の早い時間に開いて、開店後、1時間で売り切れ続出するとか?

♂「三平に行ってみようか?」

ド「行きたいけど、もうすぐ閉店になっちゃうよ」

この日は土曜日だったので、閉店時間はなんと19時!
(普通の店ならオープンの時間だっちゅーの・・・)

♂「でも、とりあえず見に行ってみようよ」

ってなわけで、お店方面に歩き出す。
繁華街から離れ、どんどんどんどん住宅地の中に入っていく。

「こんな所にホントにあるの?」

って感じだ。
(住宅地に突如現るって所は京成線の四ツ木にある「善ちゃん」っぽいかも)

ド「あった!」

♂「ホントだ!」

ド「でも、閉めたところっぽい・・・まだ、19時前なのにね・・・」

♂「売り切れて閉めちゃったのかな?」

ド「そうかも知れないね」

♂「仕方ない、また、改めて来よう」

というわけで、長々と書きつつ、この日は入れずでした。

♂「ここまで来たなら、このまま蒲田まで歩かない?

  蒲田にも行きたいお店が1軒あるんだ」

ド「いーよー」

またまた、どんどんどんどん歩いて行き、目的地へ向かう。

♂「ここここ!」

どーも、今日は手書きのデカい看板に縁があるらしい。
見上げると黄色い大きな看板に

めん酒場 たぬき

と書いてある。

めん酒場ってなんじゃろか??

♂「前にね、ここに入ろうとしたお客さんがさ

  『ラーメンだけでも良いですか?』

  って聞いてたのね。そうしたら、

  『ウチはラーメン屋だからいーよー』

  って言ってたんだよ(笑)」

ってことなので、どうやら「めん」ってのはラーメンであり、
元はラーメン屋だったってことなんでしょうかね?

♂「何を食べる?」

ド「うーん、ニラ玉」

♂「俺はねー、あー、なんかカレーが旨そうなんだよなー」

  でも、腹がいっぱいになっちゃうしな」

ド「ここはラーメンがメインだしね(笑)
  でも、食べたいなら食べちゃいなよ!」

♂「じゃあ、ホッピー1つ、生1つ、あと黒カレーとニラ玉下さい!」

店「はーい」

♂「なんかさ、黒カレーってネーミングだけで旨そうだよ~」

と言ったら、お店のご夫婦が2人でニコニコと嬉しそうに笑ってくれた。
その雰囲気がとっても良かったなぁ。

でも、ホント、ネーミングって大切だよなーって思う。
見たことのないメニューに興味を持って注文することもあるし
「うまだれ」とか「黒カレー」みたいにネーミングから
自分なりに料理を想像して、美味しそうだなって思って注文することもある。

決して

「とりあえず」

なメニューではなく

そそるメニュー・・・

♂「ごちそうさまー、あ~満足!」

黒カレーに満足して、お腹が満腹になってしまったので
お酒のおかわりはせずに店を出た。

♂「次はラーメンだな。

  なんか美味しいラーメン作ってくれそうな大将だよな

ド「そうだね。普通の中華屋さんのラーメンにたいなやつね」

そんなことを話しながら帰路についた。

次は「三平」に行って、「たぬき」でラーメンってとこですかね?

line
雑色・まんねん

看板の猫が大迫力!
「二度付け禁止&うまだれで行きま賞」







line
京急蒲田・めん酒場 たぬき

これまた黄色い看板が迫力!
「ラーメンもいいけど、黒カレーもね!で賞」







お酒ブログランキング ←新規開拓成功!にポチッとな!

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。