by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口は悪いけど上品ってわかりますか?


門前仲町と言えば

「大坂屋」

である。

そう、東京五大煮込みの1つが食べられる小さなお店。

ここの煮込みは色々な種類のもつが串に刺さって出てくる。
もちろん、もつはとても美味しいのだが、なんと言っても、
ここで食べるべきは

「玉子スープ」

コクのある煮込みの煮汁でゆでたゆで玉子が激ウマ!なのだ。

でも「大坂屋」のメニューはこれらのみという感じ。
それに梅割りをずっと飲んでいたら大変なことになる。
なので、長居は似合わない。さくっと食べて、さくっと出る。

というこで2軒目となるわけだ。じゃあ、門前仲町の2軒目と言えば?
私の場合は大坂屋の裏の怪しげ?な横丁にある

「ゆうちゃん」

に行く。
一見頑固に見える商売上手な大将とふんわりした奥さんがやっている
小さなお店で5~6人でいっぱいになってしまうので満席多々。
美味しい刺身など豊富なメニューをつまみにホッピー白黒を一杯ずつ。
客層はバラバラでサラリーマンから近所に住む人から色々ですが
この近所のお客さんと話すのがちょっと楽しい。

最初

「横浜から来ました」

と言ったら、目を丸くして驚かれた。

「横浜!?そんな遠くからわざわざここに来るの?信じらんねーなー」

「でも、勤めは銀座ですから近いです」

「銀座?銀座が近いの?俺なんか

 川の向こう側なんて遠くて行かねーよ

なるほど、ここは隅田川を境にした「川向こう」と言われた地域。
地元の人たちからすると「川向こう」は遠いところなのかも知れない。

「でも、この辺は良いだろ?
 ずっとここに住んでる人間ばっかりだからよー。俺みたいに

 口は悪いけど上品なんだよ。わはは

「なるほどーーー(笑)」

確かに港区やら渋谷区やらの都心は地方から集まった人間が多くて
生粋の東京っ子なんて少ないかもしれない。

そして、この常連さんは、話が盛り上がってても、
いつもさくっと「自分時間」で切り上げ

「じゃあな、ごっそーさん」

と店を出て行く。そのサバサバした感じがカッコ良い。正に

江戸っ子

という感じなのだ。

「じゃあ、私たちも・・・」

と出遅れたように言い出し、横浜っ子の私は店を出るのだが
まだ、ちょっと飲み足りないという時は?
門前仲町の3軒目はどこ?というと

「だるま」

である。

呼び込みといおうか、入口にいつも出ている大将(?)
ちょっと無愛想に料理をしている若大将(?)
そして、草野球が似合いそうな元気なお兄さんという男性チームと
「お母さん」という感じの女性が切り盛りしている。

その店の雰囲気とは全然結びつかないのだが、
大将が好きなのかいつも店にはジャズがかかっている。
それが、なんとも、レトロな雰囲気を醸し出していて良い。

ホッピーもあるけれど、ちょっと面白いのがチューハイ。
カウンターにレモンとライムの液が置かれていて
自分で味付けが出来るのね・・・ そして、ここで食べるべきは

メンチカツ

これが激ウマで、あまりメンチが好きじゃない私なのに
ここのメンチは美味しくてバクバク食べた。

「すんごい美味しい!」

「でしょ?ここのメンチは旨いのよ。食べておいて良かったでしょ?」

お店の人と盛り上がりついでに、帰りに大将と一緒に写真を撮ってもらった。

私にとっての門前仲町はこんな感じだ。
江戸っ子に囲まれて「口は悪いけど上品」な気分になれる町である(笑)

line
門前仲町・大坂屋

これが歴史を重ねた味なのかぁ!(写真は2005年撮影です)
「たまごスープ最高!で賞」

大坂屋1 大坂屋2 大坂屋3


大坂屋4 大坂屋5


line
門前仲町・ゆうちゃん

こじんまりしたお刺身のお店
「口は悪いけど上品なお客さんがいるお店(笑)で賞」
ゆうちゃん1 ゆうちゃん2 ゆうちゃん3



ゆうちゃん4 ゆうちゃん5 ゆうちゃん6


ゆうちゃん7 ゆうちゃん8 ゆうちゃん9


line
門前仲町・だるま

出迎えてくれる大将に会いに行きたくなる!
「本当にメンチが美味しかった!で賞」

だるま1 だるま2


だるま3 だるま4


エッセイブログランキング ← 楽しい町だよー
スポンサーサイト

「良い店だね」と言われたくないですか?


「今日は住吉を調べてみたよ」

「住吉?」

「うん、割と近いからさ」

「住吉も結構、色々と良い店あるみたいだからね」

2年前には全く興味のなかった「大衆居酒屋」
そして、最初は余り好きではなかった「もつ焼」

それが今では結構、詳しくなり、自分で穴場を探すのが楽しみになっている。
もちろん、自分が行ってみたいという気持ちもあるのだけれど
それと同じか、それ以上に、大衆居酒屋好きの友達に

「よく見つけたね~、いい店だよ。気に入った!」

と言われたいという気持ちもかなり大きい。
そして、そう言われた時はニコニコしながら

「ホント!?探して偉い!?スゴイ!?」

なんて、踊りながら尋ねて、無理矢理?

「うん。スゴイ、スゴイ!偉い、偉い!」

と言わせる私(笑)

この日、行ってみたくてピックアップした店は
大きな暖簾とお店の佇まいが魅力的な「山城屋酒場」。
ニホンシトロンのハイボールと煮込みを食べたい「??屋」。
そして、もう1軒、80円からのモツ焼の某店に行きたかったのだけれど、
残念ながらお休み?早仕舞い?の為に行けなかった・・・

山城屋酒場にて

♂「良い雰囲気の店だね」

ド「好み?(ニヤリ)」

♂「うん、カウンターが良いね。それと豚唐揚が美味しい」

ド「うん。これ美味しい。でも、気に入ったなら良かった~」

??屋にて

♂「いい店だね~」

ド「(ニヤリ)うん、ホント、良い店だね」

♂「タンドリーチキンは思ってたのとは違うけどハイボールに合うし
  煮込みはすんごく美味しいし、店の雰囲気も最高」

ムフフフフフ・・・

帰り道。

ド「住吉どうだった?」

♂「良かったよ、すんごく」

ド「ホント!?」

♂「ホント」

ド「偉い!?スゴイ!?(踊る、踊る)」

♂「(笑)偉い、偉い!スゴイ、スゴイ!」

ド「やったー(踊る、踊る、踊る)」

♂「全く、40歳になろうって人とは思えないよ(笑)」

何と言われようと、私はこうして「良い店だった」と
言ってくれることがとっても嬉しいのだ。
そして、そう言って貰えたら、いくつになっても、踊ってやるのだ。

また、良い店、探したる!

line
住吉・山城屋酒場

これぞ大衆居酒屋な大きな暖簾とカウンターが魅力
「豚唐揚が美味しい!で賞」

山城屋酒場1 山城屋酒場2 山城屋酒場3


山城屋酒場4 山城屋酒場5


■住吉・??屋■

地元密着型の小さなお店。掲載してる本もあるけど、そっとしておきたい・・・
「昭和が漂うお店。料理が丁寧で煮込みも美味しいで賞!」

??1 ??2 ??3


??4 ??5 ??6


??7 ??8 ??9


??10 ??11 ??12


エッセイブログランキング ← どうしても知りたい場合はご一報下さい・・・にポチッとな!

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー

// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。