by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いは好きですか?


6月中、ずーっと風邪をひいていたもんで、飲みに行っておらず・・・
それもあり、怠けてるのもあり、で、更新しておりませんでした。

で、久々に書く割には、お酒あんまり関係ないし、笑える話じゃないんですけど
まぁ、読んでやってください。

風邪をひいている中、生まれて初めてお笑いライブに行って参りました!
お笑いには全く興味がなかったのですが、よく一緒に飲む人の影響により
お笑い番組を見るようになり、いつの間にやら

爆笑レッドカーペットは欠かせない!

ってなお笑い好きになってしまいました。

で、ある日のレッドカーペットで初登場にして爆笑をとった

ザ・パンチ

というコンビがおります。そのコンビの単独ライブでした。

ちょっと太めで紫の服を着たパンチパーマの男=パンチ
すごく痩せているパンチパーマじゃない男=ノーパンチ

その2人がするネタはというと

モテるはずが無いのにモテた場合の妄想ばかりするパンチを
「気持ちが悪いから止めろ!」とノーパンチがけなしつつ止めるというパターン。

で、その止めさせる時の表現が面白いのです。例えば

「もう気持ち悪いから止めて~

 砂漠でラクダに逃げられて~

みたいな感じです。

でもね、その初登場レッドカーペットの時に一言だけ
教育上よろしくない表現って言うのかなぁ?
イジメ問題を考えるとよろしくないってーかなぁ?
そんな表現があったもんで賛否両論な意見が飛び交ったりもしたんです。

私自身もその言葉にはちょっぴりひっかかったもんで、
私にお笑いを教えた師匠とも話をしたんですが

ド「ちょっと言い過ぎじゃない?」

♂「そう?これ位は良いんじゃない?」


なんて具合に意見の違いがあったし、人によって意見が違うのは当然ですからね。
それに、賛否両論あったとしても、話題になったってことは注目されたってことだし、
パンチにとっては悪いことでは無いのかも知れません。

まぁ、とにかく、その一言を除けば、
私はとても面白いと思ったので、チケットを取ろうと思ったわけですよ。
でも、会場はとっても狭くて、100人しか入れないらしく
まだ、それ程有名じゃないにせよ、一応、レッドカーペットに出たわけだし
チケットは争奪戦となり、取れないんじゃないかと思ってたんですよ。
だけど、拍子抜けするほど簡単にチケットが取れちゃいまして(笑)

でも、もしかしたら、これからは取りづらくなるかも知れないじゃん?
近い将来、「貴重なライブ」と言われるかも知れないじゃん?
だから、至近距離で彼らのネタが見られたことにはウキウキしましたよ。

で、ライブ満喫した帰りです。
一緒に行った後輩♀ともタイ料理屋でその問題となったネタについて話したんですよ。

ド「なんかネットで揉めてたんだよー」

♀「え!?そうなんですか?」

ド「私もちょっと言い過ぎじゃないかなーとは思ってたんだけどね」

♀「ええっ!そうなんですか??(苦笑)」


ってな感じでして。彼女には理解不能な揉め事だったようです。

「何が悪いの?お笑いなのに?」

「何、マジメなこと言ってんの?」


ってな感じだったのかも知れません。

まぁ、難しいですよね。そう言うのって。
結局、現時点の自分のことだけを考えれば私も笑えるんですよ。
別に今の所、ノーマルに暮らせているので・・・

だけど、自分が不健康だったら笑えるか?
自分に子供がいたら笑えるのか?
それは解らないっすもんねぇ・・・

でも、そんなことを言っていたら、言っちゃいけないことだらけになってしまうでしょ?
大体、そんなことを言っちゃうと、病気のドラマとかだってNGになっちゃいますもんね。
ちょっと前にイジメ全開のドラマも、DV全開のドラマも流行ってたけど
それもどうなの?って話しになっちゃうよね。やられてる人達は楽しめないっしょ??

それに、きっと、「たけし」 とか「さんま」とか「しんすけ」とか「ダウンタウン」とか

もう地位を確立しているお笑い

の人が言ったら、それ程問題にはならないって場合もあるしね~

でもって、あんまり文句を言ってると、これまた、今、ドラマやってるけど
「モンスターピアレンツ」とか言われるんだろうしね。

でも、ただ1つ言うなれば

「笑い」は不快であっては意味がない

ってことだよね。

笑いのツボ

なんて人それぞれだから、人によって「笑えない」「つまらない」ってのがあるのは仕方ないけど
不快にだけはさせないのが良いんだろうなぁって思います。

万人が不快にならないお笑いってのも存在するかも知れないじゃん?

例えば

志村けんの「変なおじさん」

とか、最近で言うと、

ラーメン、つけめん、僕イケメン!

みたいにさ。

あっ、あれが不快な人も居るかなぁ?居たらすんまそん(笑)

line
渋谷・アジアの味

タイ料理オンリーじゃないけれどなかなかいけます。
「センター街でタイ料理ならココで賞」




お酒ブログランキング ←すっかりお笑いフリーク?にポチッとな!
スポンサーサイト

テーマ:三十路超え・独身女・ひとり暮らしの日常 - ジャンル:独身・フリー

晴女ですか?雨女ですか?


私は雨女である。

と思っていた。

というか、今でもそう思ってはいるのだけれど、
親友の話を聞いていると、私の雨女なんて
もしかしたら、大したことないんじゃないか?って思ったりする。

だって、親友には天候が悪く飛行機が別の空港に着陸してしまったことや、
飛行機が飛ばずに旅行に行けなくなったという過去があるのだもの。
(ちなみに天気は関係ないけど、旅行先でテロ勃発の経験もしている)

それに、私は「俺、超晴れ男!」って人と一緒だと雨降らないんだけど
彼女は降ったりするって言ってた気がするのよね…

で、そんな彼女と私が一緒に旅行に行くとどうなるか?
一緒に沖縄に行った時は夜遅くに滝のような豪雨が降った…
スコールではない。地元の人も驚いていた位、滅多に降らない豪雨だった。

旅行だけじゃない。

超スペシャル雨女とプチ?雨女

が合わさると普段から色々な災いをもたらすらしい。

例えば、私たちが待ち合わせた日はいつも店に入れない。
行きたい店に予約をしようとするといっぱいで断られ
予約をしないで行くと、何軒周っても入れない。

ところが、ある日のこと。
恵比寿で待ち合わせしたのだが、最初の店ですんなり入れてしまった。

ド「おー、私たちにしては珍しいじゃん(笑)」

♀「ホントだね(笑)」

そのお店は全品同じ金額で食べられるというイタリア料理の店だった。

ド「まず、生ハムサラダとこの鶏の料理にしますか?で、後で釜焼きピザでどう?」

♀「いいね」

注文後、暫くして出てきたサラダは思いっ切り市販のドレッシングの味がした。
鶏も添えられた野菜が生ハムのと一緒だしイマイチ。
そして、ドリンクの注文も間違えられて結構待ったのでガッカリしはじめてた。
それでも、気をとりなおして

ド「じゃあ、自慢だというピザを注文しますかね?」

♀「ですね」

と追加したわけですが、これが、中々、来ない。
もう、いー加減、遅すぎるだろって時に

ド「すみません。ピザのオーダー通ってますか?」

と尋ねると

店「あっ、すみません。今からすぐ作りますんで。何ピザですか?」

と来たもんだ。

♀「いやいや、もし入ってないなら、無しにして下さい」

ド「チェックで!」

というと、あまり申し訳なさそうではなく、すんなり

店「すみません、ありがとうございました」

と見送られてしまった。

ド「さすが私たちですね。料理はイマイチ、接客イマイチ」

♂「でも、あの値段なら仕方ないんじゃない?」

ド「まぁね~、でも、安くてももう少し美味しいもん出せるだろ?
  みたいな。っていうかさ、私たちってば

  珍しく早く店に入れたと思ったら、

  早く店をでなきゃいけない運命だったのね(苦笑)


♀「ひゃっ、ひゃっ、ひゃっ。ホントだね(苦笑)」

ってなわけで、この日の災いはこれでした。
入れたけれど、すぐに出るハメになり、次の店を探しつつ放浪…

でも、こんなのは、大したことはない。
その次に会った日はもっとひどかった。

横浜のスペインバルに行くことにしたのだが、ハッピーアワーがあるので
それまでに入店しようと、私は超速攻で銀座を出て、走って待ち合せ場所に行った。

ド「お待たせ!間に合ったね。急いで行こう!

  これでお休みだったら笑っちゃうよね~」


なんて縁起でもないことを言いながら、早歩きで店に向かう。
歩きながら店の方を見ると、お店の人を発見。

ド「お~っ、良かった、良かった!やってる、やってる♪」

と、店の前まで行き、ふと入口に置かれてる黒板をみた。

「本日貸切」

ド「えっ… マジ?」

店「申し訳ございません、本日、貸切で・・・」

ド「うわーっ!」

♀「やっぱ、すごいね、私たち」

ド「どひゃーっ、あの~、貸切ってよくあるんですか?」

店「いえ、滅多にないですね(苦笑)」

だよね… だって、平日だし、木曜日だし、結婚式とかないしね・・・

やっぱり、2人が合わさると何かが起こってしまうようです。
毎回ですからすごいです。
学習して、必ず、予約すれば良いのにね。反省…

line
■恵比寿・○○○円均一イタリアン■

釜焼きピザが名物らしかったのに…
「安いのは良いけどね~で賞」



お酒ブログランキング ←次の事件はなんだろか?にポチッとな!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

「最初が肝心」じゃないですか?


これまた昨年のこと。

「世田谷線に乗りに行こうよ」

という誘いを受けた。

というか、前に友人の家に遊びに行った帰りに1人で乗ったのだけれど
そのあまりにレトロな電車に感動したので

「いつか一緒に乗りに行こうよ」

と私が言ったのを覚えていてくれたらしい。

川崎から南武線に乗って登戸で降り、登戸から小田急線に乗って豪徳寺へ。
そこから、ちょっと歩くと世田谷線の山下という駅がある。

世田谷線がどうレトロなのかというと、電車なのにちょっとバスみたいなのだ。
料金の払い方もそうだし、駅もバス停のよう。
まぁ、昔のちんちん電車にもちょっと近いという感じだ。

ところがだ。駅に着いてみると、前に乗った時となーんか様子が違う。
のんびりレトロを感じるはずが、電車が混んでいて、それどころじゃない。

ド「なんか混んでて解らないね・・・」

♂「うーん・・・」

何故、こんなに混んでいるのか?
その理由は電車の吊り広告により判明した。

「ボロ市」

ってのをやっているせいらしい。

「ボロ市」なんて私は聞いたことがなかったのだけれど、
1578年に北条氏政が楽市を開いたのが始まりということで
かなり歴史があるものらしい。

ド「ボロ市って何だろうね?」

♂「ボロボロのもんばっかり売ってるんだよ」

ド「うそだー、適当に言ってるでしょ?」

♂「そんなことないよ(笑)ホント、ホント」

ド「ったく、絶対に嘘だよ!どうする?行ってみる?」

♂「せっかくだから、行ってみようよ」

ということで、途中下車して見物に行くことにした。

上町駅を降り、世田谷通りを越え、少し歩くと
「ボロ市通り」というまんまの名前の商店街が現れる。

♂「うわっ、すげー人だなー」

ばん ばん


本当にすごい。「人、人、人」で何を売ってるのかも良く解らないくらいだ。
ここまで混んでいるのを見ると、見てるだけでイヤになって、
その中に入る気力がなくなるけれど、せっかく来たのだ、
覚悟を決めて、その人ごみに入って行った。ところがだ

ド「・・・」

♂「・・・」

ド「・・・なんで、こんなに混んでるんだろうね・・・」

♂「・・・わからん・・・」

ド「ホントにボロボロだね・・・」

♂「・・・だろ?嘘じゃなっただろ?」

ド「って、適当に言ったら当たっただけじゃん!」

ってな状況。

私たちにはこの「ボロ市」とやらが、こんなに人気で
人が多い理由を全く理解することが出来なかった。

冗談のつもりだったが、売られているものは本当にボロボロ系が多い。
ネーミングの由来も「古着」「古道具」から来ているみたいだから当然か?
でも、別にボロなのは構わなかったのだけど、それが安くないんだもの・・・
たぶん、若者がやっている「フリマ」に行った方が
安くて良いもんがあるんじゃないだろうか?って思ってしまった。

まぁ、私に理解が出来なかっただけであって
もしかしたら、すごく価値があるものを売っていたのかも知れない。
そして、その価値が解る人がいっぱいいるから、
これだけ混雑してるし、長い歴史も築かれたのかも知れない。

♂「いくら歩いても、めぼしいもんは無さそうだね。

  もう、この人ごみから出ようぜ

ド「そうだね」

私達は人ごみにちょっとイライラしながら、なんとか、商店街を抜け
ちょうど来た渋谷行きのバスに乗り込んだ。

♂「あースッキリした!」

ド「ホントだね~ これからどうしようか?」

♂「うーん、久しぶりに『ばん』にでも行ってみようか?」

ド「おっ!いーねー」

「ばん」は私の大好きな居酒屋だ。
場所的に会社帰りには寄りにくいので、訪れる機会は少ないのだけれど
家が近所だったら、毎日、通ってしまうかも知れない。

店に着くと、ちょうど、オープンしたところだったので
なんとか、並ばずに座ることが出来た。

この店の名物は「とんび」。(豚の尾っぽ入り辛スープ)
前回は残念ながら売り切れていて、尾っぽなしスープだったのでリベンジ!
そして、もう1品は薄っぺたくて大きなレバカツ。この2つは必須です。

♂「それにしても驚いたよなー ボロ市。

  ホントにボロボロから来てるとは思わなかったよなー

ド「だよねー、驚いた。なんかさー、混雑しすぎてて、

 世田谷線の良さも解らなかったよね?

♂「うーん、次に来るときは空いている時にしよう」

でも、こういうのって、最初の印象が肝心だよね。
私は最初が空いていて、雰囲気がある時に乗ったから、世田谷線が好きになった。
だけど、彼にとっての世田谷線の印象は完全に「ボロ市」だろう(笑)

何においても、最初っていうのは肝心で、例えば、私の場合・・・

スキーに対して良い印象がない。

何故かというと、初めてスキーに行った日に人がぶつかって来て
その時に、私の膝にその人のストックが当たって

流血…

それで「スキーなんて大嫌いだ!」と思ったのだけれど
なんと、社員旅行がスキーになってしまい、行かざる終えず…
で、その2度目はなんと吹雪。
なのに、初心者だった私は必需品とは知らず、帽子を持っていなかった。
故に髪がバリバリに凍り、そして、それを見た先輩社員たちが

「うわーっ、お岩だ、お岩だ!」

とからかって逃げた… で、スキーは誰も教えてくれず…

結局、その後、親友と一緒に3度目、4度目位は再チャレンジしたのだけれど
ことごとく良いことがなかったので、とうとう、

スキーとは相性が悪い!

と決めて、スキーと仲良くなることは諦めてしまった。

でも、彼の世田谷線はまだ1度目だから、
次はレトロを感じられるかも知れないから、

ド「そうだね。ボロ市をやってない時に、

 また、いつか、世田谷線に再チャレンジしようね!

と答えた。

ホントに、また、いつか、行こうね。

line
祐天寺・ばん


お通しのお新香は美味しいのに無料!そして
「とんび&レバカツは必須!で賞」

ばん ばん ばん

ばん ばん ばん

ばん ばん ばん

お酒ブログランキング ←世田谷線は良い電車!にポチッとな!

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

楽しいGW過ごしましたか?(古っ・・・)


怪我をして退院したのは4月の半ばのこと。
なんとかGW突入までには飲み屋に復帰が出来た(笑)

今年のGW怪我のこともあったので、遠出はせずに、
近場で色々な「初めて」を楽しんだ。

IKEAにウィンドショッピングデートに行ったり

IKEA IKEA IKEA


母の日のプレゼント=万年筆を買いに書斎館というお店で青山デートなんぞをしてみたり

書斎館 書斎館 書斎館


川崎の沖縄祭りに行ってみたり

川崎えいさー


競輪に行ってかけてみたり

花月園競輪 花月園競輪 花月園競輪


花月園競輪 花月園競輪 花月園競輪

とても楽しく、充実したGWだった。

で、もちろん昼間の「初めて」だけじゃなく
夜の「初めて」なお店にも1軒だけ出会った。

それは恵比寿にある「えびす酒家」。
恵比寿の「たつや」に行き、店を出たところで、ビラ配りをしていた。
そこで、行ってみることにしたのがキッカケである。

メニューを見ると、串揚げが80円からではないか!
かなり、リーズナブルな様子。

ふと、壁を見ると

「何かあったら田中課長に聞け」

田中課長


と書いてあったので

「田中課長は?」

と尋ねると、スタッフが大声で

「田中課長~」

と呼んでくれた。が、

「いらっしゃいませ。田中です。でも、何も答えられないんですけど」

って、おいおい。じゃあ、なんで、田中課長に聞けなんだよ(笑)
まぁ、内輪のノリで貼紙までしちゃったってことでしょうか?

あと、嬉しかったのはコーヒー酎があること。
私はコーヒーは嫌いだが、カフェオレとコーヒー酎は好きなのだ。
あの香ばしさが素敵♪

ちなみに、店長さんなのか、ちょっと詳しい店員さんとお話をした所
ホッピーや下町は好きそうでしたが、残念ながら
金宮ホッピーではないし、ニホンシトロンの存在はありませんでした。

この日以来、まだ、行ってはないのだが、結構、人気のお店になっている様子。
機会があったら、行ってみてくださいませ。

line
恵比寿・えびす酒家

楽しい店員さんがいっぱいでした
「なにかあったら田中課長に聞けばよい?で賞」

えびす酒家1 えびす酒家2 えびす酒家3



えびす酒家2 えびす酒家2 えびす酒家3


エッセイブログランキング ← 恵比寿にホッピーが増えていくー

「俺、幸せ」って顔で働けてますか?


好きな居酒屋を1軒だけ選べと言われたら、
とても迷うけれども、私はここの名前を挙げるかも知れない。

その名は「ばん」

私が初めてこの店に行った時には既に祐天寺にあったのだが
元々は中目黒にあって、とても古いお店だったらしい。
それが、再開発だかなんだかで移転することになったそうだ。

で、更に今度は移転した祐天寺のお店を改装することになって

倍の広さ!

になったってんで、久しぶりに行ってみることにした。

このお店で最初に驚くのは

無料のお通し

が出てくること。
大量の美味しい漬物が出されるのだ。

店「これサービス~」

ド「こんなにサービスなんてすごーい!」

店「でしょー!うまいよー」

なんて具合に陽気に出てくる。

一番好きなメニューは

「とんび」=豚尾

以外にはありえない。
豚の尾っぽが入った辛~い煮込みと言おうか、
スープと言おうか、そんな食べ物。
とにかく、これが旨いのだ。

ヤミツキになる味

で、店に行くと必ず

「まずは、とんび下さい!」

から始まる。
これをホッピーまたはホイスと共に味わうと
お酒がススム、ススム。

今回は残念ながら豚のおっぽ売切・・・
故に、おっぽ無しのスープだけを頂いた・・・残念無念・・・

がしかし、今回はそれだけが目的では無かったのだよ!それは

「レバカツ」

であ~る。

中目黒時代には大人気メニューだったという

「噂のレバカツ」

が祐天寺に移転したときに無くなったらしいのだ。
それが、改装を期に復活すりことになったというではないか!
それを聞いたら、食べに行かないわけにはいかない。

「レバカツを2つ下さい!」

ニコニコ注文し、ドキドキ待ち、で、出てきたのは・・・

ド「へー、なんか意外な形~」

表現が難しいのだけど
切っていない薄めのトンカツに串が2本ささってる感じ?なのだ。
で、これがもう

ド「うぉいすぅぃーーーーーー」

♂「だろ?旨いんだよ、これがー」


なのよ。

何故にメニューから消え、何故に復活したかはわからんが

復活ありがとー!

としか言いようがない♪

とメニューの話を置いておき、この店が大好きな1番の理由は

「店の人が楽しそう」

なのだ。

「俺、居酒屋やってて、幸せ」

みたいな感じで働いてるのよ。

時々、イヤイヤ働いているような顔をして、ニコリともせず
「いらっしゃいませ」も「ありがとうございました」も言わない
店員さんを見ることがあるけれど、そういうの見ると

仕事終えて、楽しく飲みたい!

と思っているこっちの気持ちがへし折られるのだ。
こっちまでテンションが下がってしまうのよ。

でも、ここは逆。
イヤイヤ働いていたりする自分を反省して
明日は張り切って出社するぞ!という気持ちになれる。

ド「ホント、ここは気持ち良い店だよね~」

♂「良い店だよなー」


これも、この店に来ると必ず交わす会話。
そして、こういうお店だとついつい長居をしてしまい
更に美味しいから食べ過ぎてしまう。
たぶん、普段の3倍は食べるね・・・

♂「そろそろ帰ろうか?」

ド「そだね。食べ過ぎた~」

♂「美味しいものは腹に溜まらないからな!」

これまた、ここで必ず交わす最後の会話・・・

line
祐天寺・ばん

みんな楽しそうに働いてて最高!
「とんび&レバカツは必須!で賞!」

ばん1 ばん2 ばん3


ばん4 ばん5 ばん6


ばん7 ばん8 ばん9


ばん10 ばん11


エッセイブログランキング ← 今度こそ「とんび」食べるぞ♪
// HOME //  NEXT
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。