by ドロンジョ様の酒と薔薇の日々
酒場で話した100のコト
~君と私のはしご酒~
どんなに美味しいつまみより 君との会話が1番のつまみ 今夜はどこでつまもかな?ドロンジョ様は今日も行く!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店に会うためのフットワークは軽いですか?


「すごく良い居酒屋があるから横須賀に行こう」

そう言われて、初めて「銀次」に行ったのは2年半くらい前だろうか?

当時、私は人の会うためのフットワークは軽かったけれど
店や食のためにフットワークが軽くなる感覚は持っていなかった。

例えば、飲み友達に

「横須賀で飲んでるから、今から来い!」

と言われれば、東京に居たとしても、平気で向かってしまうフットワークの軽さはあったけれど

「良い店があるから横須賀まで飲みに行く」

という感覚は無かったということだ。

それが今や、店のためのフットワークの方が軽くなってしまっているのだが
その要因になった店の1つがこの「銀次」である。

「銀次」は基本的に土日休み。
だから、都内勤務の私には中々行ける場所ではないのだけれど
1ヶ月に1度、第4土曜日にだけ営業してくれる。

そうは言っても、いつも頭の片隅では

「あー、また行きたいなー、近かったらなー」

と思ってはいるものの、毎月、第4土曜日に行ってるわけじゃない。

「あー、どうしても行きたい!」

って思った日がたまたま、第4土曜日だと行くわけなので、行けた回数は、まだ、数回。

でも、私にとっては

「わざわざ行く」

に値するお店なのだ。

このお店の何が一番良いかっていうと

「佇まい」

この佇まいってもんに関しては、行ってもらわないと、中々、伝わらないと思うのだけど
とにかく、カウンター&カウンター内の素敵さは溜まらないっす。

それと、これは、賛否両論が分かれるところだと思いますが

セロリ味が強い煮込み

に驚かされる。
一般的な煮込みの味とは全然違うのだが、セロリ好きにはこれまた溜まらない一品。

この日は初めて、カウンターの一番奥の席になった。
すると、お隣に1人で来ている常連さんと隣になった。
その常連さんは私たちの会話にちょこちょこと参加してくれるもんで
段々と3人で話すようになった。

♂「僕たちは横浜からここが好きで来てるんですよ」」

常「へー、でも、案外、京急は早いもんね」

ド「職場も都内なので中々来られないんですけど」

♂「だから、第4土曜日は来たくなるんですよね」

常「そうですか。僕も前は都内に勤めてたから。
  根岸の○○とか、新橋の○○とか行ったよ」

♂「あー、良いですよねー」

なんて、知ってるお店を語り合ったりして、良い時間を過ごしてた。
が、まだ、もう少し話したいなって時に常連さんはソワソワとし始め

常「それじゃー、お先に、早く帰らなきゃいけないから」

と言って帰る支度を始めた。

お店の人との会話を聞いていると、どうやら、その常連さんは
2~3駅隣の駅が自宅で、奥さんには

「ちょっと近所に買い物に行ってくる」

と言って出てきたらしい。
買い物に行くふりをして、慌てて電車に乗り、ちょっと一杯やりにきた。
なので、あまり酔っても帰れないし、遅くもなれない。
そんな状況。ふと、足元を見たら、見事な演出?

サンダル履き

だった(笑)

きっと、その常連さんにとっては、深刻な焦りだったのだろうけど
私たちからすると、なんとも、微笑ましい話だったのよね。

でも、そんな風に、私たちは横浜、常連さんは2~3駅お隣。
だけど、きっと、

「あっ、今日は第4土曜日だ。店やってる!」

ってキラリと閃いた気持ちは一緒だったのだろう。

この店はそういうお店。
遠くの人も、近所の人も、ふと閃いて行きたくて、行かずにはいかなくなるお店。

きっと、数ヶ月後の第4土曜日も、私はここにいるのでしょう。

P.S. 銀次の帰りに「中央酒場」にも寄りましたので、写真を掲載します。
   でもって、その後にカラオケに行って99点を獲得!証拠写真はこれだ!




line
横須賀中央・銀次

なんとも佇まいが素敵です(もちろんホッピーあるよ)
「セロリ好きは煮込みを食べよう!で賞」




line
横須賀中央・中央酒場

大衆食堂的雰囲気を持つホッピーが飲める居酒屋さん
「種類が豊富で楽しめる!で賞」


お酒ブログランキング →これっきり、これっきり、もう、これっきりーですかぁー!にポチッとな!
スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ


「ここが一番!」と応援したい場所がありますか?


横須賀開港祭のパレードを見に行こうということになり向かう。
ところが、駅前はやたらと静かで…

ド「ねー、あそこにパレードは土曜日って書いてあるよ」

♂「嘘っ!」

どうやら1日間違えてしまったらしい…

♂「ショックだ…」

ド「まぁ、もう仕方ないから、他の事を楽しもうよ」

ということで、調べてみたら三笠公園でアメ車の展示をしているというので
気を取り直して、行ってみたのだが、もう終わり間際のようだし、
大して盛り上がっている様子も無く、ガッカリして駅に戻ることにした。

三笠公園


「じゃあ、飲みますか?」

と言うことに、結局はなるのだが、日曜日だったもので、
横須賀に来たら必ずと言って良いほど行っている
「銀次」も「中央酒場」も定休日。
だけど、何とか探してホッピーが飲める店を3軒ハシゴした。

1軒目は昼間からやっている「天国」で焼酎が多いホッピー&トビウオ。
2軒目は泡盛ホッピーがある「泡屋」で沖縄の話をちょっぴり聞く。

そして、最後が初めて入った「もーり」という居酒屋?食堂?だった。
このお店はなんと朝からやっているらしい。
ホッピーは3冷、オススメは「カツ煮」だと言うので注文して食べた。

隣では常連さんが酔っ払っていつつ話しかけてくれた。

「お兄ちゃんたち初めて?」

「はい。今日、パレードがあるって勘違いして来たんですよー」

「あー、昨日、俺は見たよ。良かったよー。あれは見た方が良い」

「ホント、残念です。でも、ホッピーが好きで色々飲んで周ってて」

「そうなんだ。ここは朝からやってるからね。

 横須賀じゃ、ここが一番だよ!」

常連さんの話を聞いていたら、なんとなく沖縄の民宿を調べていた時のことを思い出した。
掲示板などで「あそこが良い」とか「あそこはダメ」とか色んなコメントが
書かれていたのだが、読んでいる内にどれを参考にして良いのか
わからなくなってしまった。
でも、冷静に読み返してみると「あそこはダメ」というのは別として
最初に行った宿を気に入り、最初に行った宿を応援している
と言った感じなんじゃないかと言うことがわかって来た。
きっと、食事がどうこうとか、設備がどうこうではなく
田舎のおじいちゃん、おばあちゃん家に遊びに来たような感じになる
その雰囲気を作っている、その「人」を応援したくなるのだと思う。

それと同じように、この常連さんは、どこが旨いとか、
そういうことよりも、お店の雰囲気が好きで
それを作っているお店の「人」が好きで
日々通って応援しているというような感じがした。
まぁ、地元密着型の店は、皆、そうなのかも知れないけれど…

♂「良いお店だったね」

ド「そだね」

♂「朝からやってるって聞いたから、
  早い時間に来ちゃっても、あそこで飲める!」

お店の雰囲気や人が良くて、更に料理が美味しかったら最高。
更に無休で朝からやっていたら、酒飲みにとっては「最強」かも?

横須賀にはまだまだ色んなお店がありそうだ。
「ここが一番だよ」というお客さんがいるお店がきっとたくさんある。

line
横須賀中央・天国

昼間からやっているお魚中心の居酒屋
「大きなカウンターが魅力的で賞」

天国1 天国2 天国3


横須賀中央・泡屋

沖縄料理でホッピー!
「ニンニクホッピーが最高で賞」

泡屋1 泡屋2 泡屋3


泡屋4 泡屋5 泡屋6


横須賀中央・もーり

大衆酒場?大衆食堂?
「ポットで冷やした焼酎で3冷ホッピーが飲めるで賞」

もーり1 もーり2


エッセイブログランキング ← 来年はパレード観るぞ!にポチッとな!
// HOME // 
Powered By FC2. copyright © 2005 酒場で話した100のコト all rights reserved.
profile

doronjo

Author:doronjo

昼間は銀座のOL女部長! だけど6時をまわったら「ドロンジョ様」に早変わり!
■ヤッターマン世代♀
■O型・魚座
泣き笑いエッセイスト志望

comment
new !
trackback
category
history
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

advertise


↑お酒ブログランキング



ブログの女王
 
第2回目に放送されました!
 
ブログランキング200
 
9/16発売「最新人気ブログランキング200」に掲載されました。
 
「Yahoo BB マガジン」7月号に掲載されました。
 
 
Link List
 
 
List me by BlogPeople
 
お店紹介
BumBleBee
ホッピー仙人

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。